池玲文

媚の凶刃2巻の感想【BLコミック1月新刊】

更新日:

究極の依存愛の完結編。韮沢と加賦の愛のいくつく先は・・・


待ってました~。楽しみにしていた媚の凶刃2巻!
電子書籍ではまだ配信予定はないのかな?早く電子で出るといいなと思っている作品です。

絵柄もいいし、迫力もあるし、なんていうかエロもガッツリってかなり満足度の高い1冊でした。
私が媚の凶刃を知ったのは本当に数か月前。

ビーボーイゴールドを読んでいて目にした作品。最初はスルーしてたんですけど(興味なかったというか)
最終回の終わり方がものすごく気に入って・・・

そのあとに作品が気になって電子で1巻・媚の椅子などを読んでハマった感じです。

いやぁ・・・なんといっても池玲文さんの魅力のひとつはこの絵柄!
すごく丁寧だし、人物の描き分けもしっかりしてあるし読んでいて終始美しいなぁ~と思います。

コミックスの方は、書き下ろしはそんなになかったです。3Pくらいかな???
でもね、見えないところでしっかりと丁寧に仕上がってましたよ~。

雑誌では白かった部分が細かく細かくトーン処理してあったり。
トーン処理してなくても十分なくらいなのに、こういう細かいところが好きです(o^―^o)
例えばこんな感じです↓
媚の凶刃2巻 感想 BLメモリー
媚の凶刃2巻 感想 BLメモリー


こうやって雑誌とコミックの違いとか見つけるのがけっこう楽しかったりします( ´∀` )
ではでは作品紹介を♪

媚の凶刃2巻 感想 BLメモリー
媚の凶刃 2巻(電子書籍配信開始:Renta!)

<内容紹介>
佐川を潰し組を継ぐ事を決意した加賦。
愛した男の望みを叶える為チンピラに身を窶した韮沢は、佐川と邵堅が繋がっている決定的な証拠を押さえようと奔走する。
あまりにも危険すぎる賭けに激昂する加賦に「すみません…困らせるのはこれきりにします。抱いてくれませんか…?」と懇願する韮沢。
手駒として育てられた己の役割を果たそうとする情人の"覚悟"を知った加賦は――!!


絵柄 ★★★★★
ストーリー ★★★★~★★★★★
エロ ★★★☆☆(量的には多くないですが濃いです(n*´ω`*n))


感想にはネタバレを含みますのでご注意を!


そうそう、コミックスの1P目にカラー絵があるのですが、これがまた美しい・・・。
カラーは韮沢より加賦のほうが美しいかな~。加賦がとにかく私のツボです(/ω\)

2巻の始まりから読んだら・・・1巻の終わりってどんなだったっけ?とまた電子を読み・・・
雑誌で目にしたのが終わり2話くらいだったのであまり内容が頭に入ってなかったです。

主な登場人物

けっこう話が難しいので私と同じように???となる人もいるかもしれないのでおさらいも兼ねて。

加賦成晃:梅崎組の若頭。←💛💛💛韮澤 柊:2巻では加賦に命じられて佐川の傘下に入っています。

   ↑                          ↓
憎い・蹴落としたい                 潰す!    
   ↑                          ↓
佐川:加賦の父親(組長)と七三の兄弟。武闘派。跡目を継ぎたいので加賦が邪魔。
   ↑
  仕事仲間!?!?
   ↓
シャオチェン:海外組織のボス。媚の椅子から登場しています。

コウキ:韮沢と一緒に仕事をしている人物。よくわからない子です。

こんな感じかな?シャオチェンは実際よくわからない謎の人物ですね。
組長を襲撃したのもシャオチェン率いるグループの誰かだった気がするのですが。
それと佐川が組んでいるのがまたやっかいですよね。

佐川は組長(加賦の父親)と七三の兄弟なのに、その人を襲撃した人と仕事をしているわけですからね・・・。

佐川を破門にするための証拠

佐川についているように見せかけて、加賦のためにスパイになった韮沢。

佐川に関係のある人物をあたる韮沢とコウキ。
佐川の傘下で麻薬の密売を仕切ってた人物に佐川とシャオチェンの麻薬をやり取りするルートや方法を吐かせた2人。
ここでこの男の娘?らしき女の子を逃したのがちょっとした誤算を生むのですが・・・。

佐川と跡目

佐川ってね、なんか私は憎めないんですよね・・・。組を愛するがあまり暴走しちゃった感じが
してならないというか。熱すぎるが故に一線を超えちゃうような感じです。

佐川の最期も自分のことだけを考えて行動していたわけじゃなかったんだなと、、、
ヤクザの世界での抗争には跡目争いは欠かせないというか、よくあることなんだけれど
私は佐川と囀る~の平田とを重ねてた部分があるんですよね。

でもなんか違った。。。
組や部下の守り方が違っただけだったのかなぁ~って。最期、組長に看取られて逝けたのはよかったのかもしれない。

韮沢と加賦

俺のモノを奪う気なら こっちもとことん”ヤクザ”になってやる―
加賦のこの決意がかっこよ過ぎ(/ω\)
これは扉絵の煽りぽいけれど、本当にこんな感じでしたよね。

韮沢は加賦のため、加賦は韮沢のため。。。なんか途中切なくなっちゃって。
どちらもお互いのことを思って一生懸命に動いている感じでした。
韮沢は加賦のためなら命も惜しくない。だけれど加賦は韮沢には生きていてほしい。

最初は自分のために動く手ごまがほしかった加賦がいつしか本当に韮沢を愛していたというのもね。
愛してしまったからこそ、自分のために命を懸けて成し遂げようとする韮沢が怖いのかもしれません。

危険な賭けをしようとしている韮沢が加賦に「抱いてくれませんか」といった時の2人が
本当に本当にエロく切なかったです。

加賦さんが愛してくれたから 俺は初めて幸せだって思えたんです

涙を流しながら言う韮沢に私も涙・・・(´;ω;`)ウゥゥ

加賦は加賦で絶対韮沢を殺させないと強く思います。

それぞれの賭け

ストーリーが面白いなと思ったのは、それぞれの思惑が交錯しているところ。
コウキの行動が鍵なんだけれど、最後までなんだかんだで読めなかった。

賭け・・・寝返ったように見せかけて佐川を陥れようとしているかと思いきや、韮沢を陥れる。
でもそうかと思ってたら実は実は・・・ちゃんと韮沢との計画を実行していたという。

コウキは謎だったんだけれど、昔俺を裏切らなかったお返しだよと言ってたのが気になったの。
これは韮沢がはじめて加賦に会うきっかけとなった騒動のメンバーの一員だったのかな?って。
韮沢に会った時に、韮沢がつかまったこと、ヤク関連の仕事をしてたこと(以前一緒に仕事したことがあったっぽい)を考えたらそうなのかなぁ~って。

コウキはなんだかんだで韮沢に好意を持ってたと思います。
傷ついた韮沢を見て「この程度の傷でくたばったりしたら俺が遺体(からだ)もらってくぞ」と言ってましたから。

コウキはそのまま姿消したっぽいですね・・・。
結局、佐川は死に・・・シャオチェンも撃たれ(生死は不明「)勝ったのは加賦と韮沢になるのかな?
コウキはちゃんと役目を果たしてくれたのが大きかったと思う。

やるよ 全部終わったら―

跡目抗争も終わり、加賦がいよいよ襲名。
韮沢も加賦の元へ戻ります。そこで加賦が自ら言います。

覚えてるか?俺をやるって約束を―。

涙を流す韮沢。韮沢は加賦を守るどころか結局は加賦にまた助けられたと言います。
いらねぇのか?という加賦に、もう貰ってます たくさん・・・という韮沢。
この2人のチューが美しい・・・。

そしてこっから始まるエロエロタイムが~!!!やばいくらいにエロい。
韮沢は我慢できずに慣らしてきちゃってるのがかわいいですよね★
仕方ねぇなお前は―なんて言いながら加賦もうれしそうだしね( ´∀` )

―韮沢 お前が生きててよかった もう二度と手放さない
一生俺の傍にいろ


はい・・・っ 何があろうと・・・

はぁ~(n*´ω`*n)よかったねぇ韮沢~。私はねこの後の加賦のモノローグが一番好きなの。

お前が俺に命を懸けるというのなら お前と生きる為に 俺もこの道を極めてやる

そう決意して加賦は跡目を相続します。

この相続するときの加賦の1枚絵が取りあえずいいんです!!!
今まで読んできたBLの中でもこの終わり方は私の中で5本の指に入るくらいの終わり方。
すごくいいです。

<まとめの感想>
今回2巻の感想を書くのに何度も媚の椅子や1巻を行ったり来たりで時間かかりました。。。
結局ちょっと読みだすとまるまる読んじゃって(;´∀`)

ヤクザものの中でもしっかりとストーリーができているコミックスだと思います。
媚の凶刃2巻・媚の椅子を合わせると3巻ですがとにかく読み応えありました。

韮沢の重い愛が成就して本当によかったよぉ。。。途中から加賦も韮沢がかわいくて仕方ないというのは
わかるのだけれど、組が大事というのも変わりないですからね。その辺の葛藤もあったと思う。

それでも韮沢の命を懸けて加賦を守るというブレのなさに切なくもなり、
ぎゅ~ってなりました。私が媚の凶刃を読んだのが数か月前でしたからね、完結の2巻読むまで
日が短かったのがよかった~。これリアタイで読んでたら・・・ちょっとハラハラドキドキでしたね。

クオリティが高い1冊だったと思います。そうそうこれで完結のようですが
この2人はまだまだ読めるかも???そんなニュアンスの言葉があとがきに書かれてました。
ラブラブな2人が読めるならうれしい~。イラチャブ後日談待ってます!!!

しかししかし・・・シャオチェンまだ生きてる気がするのは私だけでしょうか???
またどこかで出てきたりしてね。怖い怖い。

佐川の生きざまも切なかったけれど、男気のある人だったのは最期をみてもわかったなぁ・・・。
あとはコウキ。何気に好きなキャラでしたね。
コウキのストーリーもスピンオフとかで出てこないかなぁ~。なんて。。。

ということで・・・とにかく私は大満足の1冊でした(o^―^o)
ヤクザ関連のストーリーなので流血やらいろいろとありますが、興味のある方は
ぜひ読んでみてください。電子で配信されたらまた追記します!


1話目をまるっと詰め合わせたお試し冊子

ダリアお試し冊子 vol.1

ダリアお試し冊子 vol.1

ダリアお試し冊子 vol.2

ダリアお試し冊子 vol.2

ダリアお試し冊子 vol.3

ダリアお試し冊子 vol.3

ダリアお試し冊子 vol.4

ダリアお試し冊子 vol.4

ダリアお試し冊子 vol.5

ダリアお試し冊子 vol.5

Renta!

10月11月おすすめ作品 (11/1更新)

飴色パラドックス4巻 (夏目イサク)

飴色パラドックス4巻!電子書籍も配信早かったので読まれた方多いと思います。このケンカップルが大好きで本当に読みながらニマニマ(*´Д`*)。 個人的には特に番外編(酔っ払った蕪木と本音を言わせたい尾上)のストーリーが好きです! 緩く長~く続いて欲しいと思う作品です。

僕のおまわりさん(にやま)

にやまさんの作品はこれがお初です。がすっごくストーリーが気に入ってしまいまして。警官×元警官のストーリー。【ぼくのおまわりさん】というタイトルはどちらにも使えるのがスゴイ!って思ったんですよね。 年の差BLですがこれはキュンキュンものです!

cresc.それでも俺のものになる Qpa edition(高崎ぼすこ)

ぼすこさん大好きです~!!!なんかものすっごいエロエロになっていっちゃってますが・・・。ぼすこさんの表紙ははだけている率高いですからね紙では買いにくいです(笑) 今回はなかなか面白い設定でQpaでも読んでます♥今回は1巻2巻同時発売(1巻は前は違う出版社さんから出てました)でしたのですごく読み応えがありました(*^_^*) 榊のエロさがたまりません~(伊月限定で!)

お気に入りバラ売りBL(最近)

レムナント 羽純ハナ 1

レムナント1巻が、1巻~5巻まで・(バラ売り)収録だったので2巻分は2巻分で感想書こうと思います。以 ...

JOY  絵津鼓 2

※こちらの記事は2017/10/5に作成した7巻までの感想を追記しています。 終わっちゃいましたね~ ...

24時間オチないKISS 3

※こちらはバラ売り作品のため、順次感想を追記していくようにします。今回は2017/8/8の3巻の感想 ...

ドSおばけが寝かせてくれない 4

※この記事は2017/07/16の1巻の記事に追記しながら作成していきます。 続編が始まったドSおば ...

いつか恋になるまで 倉橋トモ 5

今日は倉橋トモさんの『いつか恋になるまで』の感想を。こちらはバラ売り配信の作品ですので、追記する形で ...

手中に落としていいですか【単行本版】 くれの又秋 6

くれの又秋さんの『手中に落としていいですか』の感想です。こちらはバラ売りの時から読んでたので感想はプ ...

アクマと契約~彼のイジワルな愛し方~ 7

楽しみにしてました!毎回読んでいるハルさんのアクマと契約~彼のイジワルな愛し方~。いやぁ~今回も面白 ...

ビッチなあの子の言うとおり 8

※こちらの記事はバラ売り作品の記事になりますので、配信されるごとに追記していきたいと思います。 わー ...

勇者と魔王のラブワンルーム 9

※2017年10月5日の記事に第7巻の感想を追記しています。 普段ならたぶん読んでいないだろうなと思 ...

俺が両性なんて認めない!2 カノンチヒロ 10

本日配信されましたよね!そしてびっくりしました。。【全5巻】完結の文字。えぇ~嘘でしょ!これで終わり ...

-池玲文

Copyright© BLメモリー BL漫画感想ブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.