シェリプラスで連載中の御曹司×御曹司のBLが面白い!


昨年でしたか・・・いつも読まず嫌いでスルーしてた富士山ひょうたさんを初読して以来自分でもびっくりするほどハマってしまいまして(;'∀')今ではコミックス(紙)で購入したり、電子で購入したり・・・ほぼ商業ででているものは読んでしまいました。

そして今回の新刊も!できれば完結してから読みたいなぁと思ったりもするのですがシェリプラスで連載中でして・・・。続きなんかも読んでたりするので購入することに。はじめの方は読んでなかったので1巻が読めて内容がよりわかったのでこれからの連載も楽しくよめます(n*´ω`*n)

愛すべき男1巻の作品情報


愛すべき男(1)

愛すべき男(1)

富士山ひょうた/ 新書館 /2016年5月15日(紙初版)
アマゾンで詳細を見る愛すべき男/富士山ひょうた 
電子ではRenta!さんで先行配信されています。そのほかの電子化は恐らく6月になってからかな?

愛すべき男はこんなストーリー


内容紹介


恋愛に真摯で誠実、なのにフラレ続ける残念イケメン藤堂慎(とうどうしん)。彼が今度こそはと運命を感じ惹かれたのは、勤務する会社の会長ご令孫・有迫律(ありさこりつ)。超絶鈍感で天然な律に翻弄される藤堂だけど――!?
フラレ男藤堂の、たぶんきっと最後の恋。


注目したのはこんなところ


  • 御曹司×御曹司
 
  • ゲイ×ノンケ
 
  • 一目ぼれ×じわじわ系
 
  • 気づいたら気になるアイツ


絵柄:★★★★☆ ストーリー★★★★☆ エロ ☆☆☆☆☆
満足度 ★★★★☆




以下ネタバレ含みますのでご注意を(^^)



年下の彼の彼のスピンオフなの!?!?


2話くらいに出てましたよね。たぶんあの藤堂ですかね。大学生の時でしたけど晃も出てましたね~。
何気にきがつきませんで・・・もしかして!!!と思ってテンションあがっちゃいました。
赤松くんになんともかわいそうな振られ方してましたからね・・・これから藤堂がLOVE LOVEになるのをしっかりと見届けていきたいと思います♪

しかし・・・愛すべき男とは。。。どっちのことなのでしょうねぇ~。意外に最後は晃視点のストーリーだったりして・・とか思ったり。
律もちょっと世間知らずというかなんとうか。天然くんですしもどかしいなぁ~と思いながらそこがまたよくって1巻を読んだ後は早速シェリプラスを見返してみたりしてました。

藤堂慎の恋はいつも一目ぼれから


ここら辺、前回の年下~の藤堂を引き継いでてちょっとうれしかったです(n*´ω`*n)
で・・・藤堂が今回一目ぼれした子は、有迫律で藤堂が務めている会社の社長の孫。

なんていうか・・・・まったくもって社会人、、、いやいや会社員としての自覚がないといいますか(;'∀')
ピアスあけまくってるかんちゃん(はだける怪物)でも働いているときは外しているというのに(笑)

でも前半はなんとなくですけど、一目ぼれで~っていう感じはあまりしないですね。
それよりはちょっとだけ社会人のマナーといいますか・・・会社勤めをする上での常識がちょっとない律に戸惑っている感じが。

藤堂はそんな律にスーツを買ってあげるのですが・・・

俺が会長の孫だから こういうことで点稼ごうとか思ってるんですか?
と。そのことについて丁寧に説明する藤堂はなんだか成長したなぁ~と(笑)

とうか、藤堂も御曹司だから点稼ぎとかいらないのですけどね~。
この時にした会話にふっと笑った律に見とれてた藤堂はあ~恋に落ちちゃったなぁという感じはありました。。。

で・・・晃との会話でそのようなことを話していましたね。初対面ではあまり好きだのなんだのなかったと。不意打ちで見せられた笑顔が可愛くてドキッてしたのだと。
そしたら晃が広い意味での一目ぼれってことでいいんじゃね?と言ってマス(;'∀')

いやぁ・・・無理やり一目ぼれに持って言った感じはあるけれど、初めてみた笑顔に惚れたというのは確かに一目ぼれというのかもしれませんね。←うん、それでいい(笑)

晃の店にて


律が社内で自分のことを「さすが孫 出世のための配属」だというようなことを噂されているのを聞き、わかってはいたけれどと落ち込んでいました。そんな彼のちょっとした変化に気が付いた藤堂は、晃のお店に連れていくんですね。

わりと藤堂って気を使える奴なんですよね~。

律は藤堂に、会社で自分のことを話しているのを聞いたと。実際会長の孫でコネ入社だから言われるのは予想していたけれどと話します。予想はしていても実際言われるとこういうのってわりと堪えるんですよね。。。

その話に藤堂は自分も経験があったから気持ちはわかるといいます。
藤堂のお父さんが藤堂グループのトップなんですね!
藤堂は、将来は会社のトップを継ぐであろうお兄さんのサポートをするために他社に入社して経験を積もうとしていたようです。それを聞いた律は、自分は藤堂さんと違ってハラを決めて入社したわけじゃなかったといいます。

本当はこの会社には入りたくなかったと。でもやりたいことも見つからないし就職もうまくいかなくて今の会社に放り込まれたようです。
自分で決めて入社したわけではないから余計に人の噂で沈んじゃうのかなというようなことを話す律。
でもこういうのを理解してくれる人がいるのがうれしかったのか、律は藤堂にちょっと笑顔を見せるんです(n*´ω`*n)

って思ったらその笑顔に舞い上がっちゃったのか何なのか(;'∀')藤堂ったら手を握っちゃってねぇ

同性を恋愛対象として見ることはできる?

このセリフに、近くにいた晃の方はドキドキハラハラしているのが面白かったです(笑)
藤堂のドキドキと晃のドキドキ全然ちがうんだろうなぁ~と。。。

俺・・・ 考えたことないです

つかみは全然ダメでしたね~。まだまだ先は長いなぁとこの箇所読んで思いました。。。

次の恋は気づかれぬまま終わりたくない


藤堂は以前恋した赤松くんがあまりに天然で、気づかれぬまま終わっちゃった恋がありましたね。
そのことを思い出して、次こそはさりげなくも好意は隠さず積極的に一緒に過ごす時間を持とうと考えています。

いやぁ~赤松くんにもレポート一緒にしよとか、何気に告白してたけどねぇ~と思い返した私(笑)
ただ相手が天然すぎてね・・。律もその気があるんですよねぇ~。。。

でも逆にこれがニブチンな律にも「不思議だな」と思わせちゃうわけですね~。。。

律は友人と会うのですが、その時にスーツを買ってもらった話とかをします。友人たちは会長の孫だから取り入る気満々じゃねーか!というのですが、律は藤堂が御曹司だということも知っているのでそういう人ではないといいます。

するとある友人が「それ取り入る気じゃないなら狙われてね・・・?」と。
律は狙われているという意味が解らなかったようだけれど友人たちは、恋愛的に性的に狙われてるぞ~と。

先輩は男だしそんなことないといったものの、その先輩がホモなら理由になんねーという言葉に例の
「同性を恋愛対象として―」という言葉が思いに浮かびます。

律って鈍いからねぇ・・・こうやって友人に話したりするんだろうけどなんだかなぁ~。
友人が藤堂に会ったらどうするんだろう。絶対これ後々ややこしくなるパターンじゃないの???と私は思いました。

確かめたくなる気持ち


律は友人たちに言われた事で藤堂が自分を本当に狙っているのか、好意があるのか確かめるかどうかで少し悩みます。
確かめなければいつも通りに接して平和に過ごせると考えた律ですが、気持ちと行動が違ってましたね。

藤堂さんてもしかして 俺のこと好きなんですか?

どうしてもはっきりさせたくて聞いちゃいました(;'∀')
藤堂は・・・ゆっくり時間かけて隣にいるのが当たり前だ作戦してたのにこんなこと聞かれて焦ってました(笑)

でもねぇ根は正直な藤堂ですからちゃんと素直に答えちゃうんですヨ・・・。

僕は君のことが好きだ
有迫くんは僕のことを恋愛対象として見る事はできる?


返事はごめんなさいでしたね。でもこれはわかってた答えだったようで、その場はすんなりを引き下がる藤堂。

でも律の前ではさわやか~に振られた藤堂ですけど一人になったとたんにず~ん・・・と(笑)
かわいいなぁと。

藤堂の態度の変化に・・・


こういうのってよくわかるなぁ~と思ったエピでしたね。振ったほうは別にいいんですけどね、振られたほうは少なからずダメージはあるわけで・・・。
でもね、私はこれは律にとってもいい変化なのかなぁと思って読んでました。
律もいろいろと藤堂の気持ちとか考えてるしね・・・こういうのからきっと気になって恋に発展していくのだろうなぁと思います。

と思ったら・・・・

  • 藤堂の元カレ登場

え~元カレ登場してくるの・・・・。あるあるパターンじゃないですかぁ。
でもまぁこれが一番律の気持ちを藤堂に引き寄せれるパターンなのかもしれません。

でね。。。私はこの子好きではないです(-_-;)
なんか下心ありそうというか、絶対まだまだ邪魔してくるよね。と。

しかも取引先というか、仕事を一緒にするというこれまたあるあるパターン。。。
怪しいわぁこの展開!

そして仕事仲間になるということで、晃の店に2人を連れていく羽目になり。。。この時の晃がまた面白くて。ほんとこの子面倒見が絶対いいんだろうなぁ~と。
晃のストーリーもいつか読みたいなぁと思いました。

終盤のストーリーはこの元カレくん登場で、律にも知らず知らずのうちにもやっとしたような嫉妬心のようなものが生まれてきます。

そして最後は元カレと藤堂のちゅー現場を目撃。。。
これからどう進展していくのかなぁ。

ちなみに、藤堂と元カレくんは、この元カレくんが好きな人ができたといって藤堂を振ったようです。
そしてまたヨリを戻したいと言ってきたというヽ(`Д´)ノプンプン

読んでたら、2巻はもしかしたらまさかの律が追いかけるパターンくるのでは?と思いながら読みました。藤堂は振られたと思って吹っ切ろうとしているので藤堂から動くことはまずなさそうかなぁと。
あとはこの元カレくんが実に怪しくてですねぇ・・・顔はかわいいけども!!!
絶対白髪と白髪はくっつかないんだよ~言い聞かせてますけど早く一緒にする仕事も片付いて消え去ってほしいです(笑)

どちらかというと、赤松くん登場させて赤松君にデレる藤堂を見せたほうがよかったんじゃなかろうか~???
↑私が赤松くんみたいだけです・・・ハイ(;'∀')

ということで、愛すべき男は雑誌でも追っていきたいと思いますのでよろしかったら個別記事のほうも参照になさってくださいね(^^)

ランキングに参加しています。応援していただけると励みになります♪
BLメモリー

Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。