ワルイコトシタイシリーズの無慈悲なアナタ 七王と久遠のBLストーリー


無慈悲なオトコの感想はこちらを参考になさってくださいね。
さてさて無事にくっついた久遠と七王ですが・・・付き合ってからもお互いなんだかお互いがつかめずにいました。
久遠はものすごく執着している感じがするんですが、七王は嫌われたら嫌なのか、どうも一線引いちゃう感じ。

それにトラウマになってしまった七王の「初めての相手」が登場して久遠の嫉妬炸裂です。
読んでて面白かったし、久遠がとても情熱的で驚いた作品でした~。
ではでは作品紹介です。


無慈悲なアナタ

<作品紹介>
「七王さん 俺の執着心を見くびらないでください」大学で“男好き”と噂される白羽七王は、人生で初めて好きな男と付き合っている。ずっと片思いをしていた年下の相川久遠に受け入れられたことが夢のように幸せで、だからこそ嫌われないようにと自分を押し殺す七王だった。その様子に久遠はもどかしさを感じていたが、過去に七王を深く傷つけた男が現れたことで、寡黙な久遠の激情が溢れて……!? 「ワルイコトシタイ」シリーズ最新作!! 無口な相川家次男・久遠×魔性の白羽家長男・七王編★大幅加筆&描き下ろし!



 
ほんと私の中でこのカップル大好きです。
何が好きってね、クールな久遠がね・・・こうやってちょっと照れてたり頬を染めてるところが拝めます。

無慈悲なアナタ BLイラスト


相変わらず、軽いノリでは対応できる七王ですが・・・なかなか自分の本心が久遠に言えないようです。
連休に会いたいと思っていてもなかなか言えません。
それを久遠が汲み取って予定組んでくれんですね。こういうところもいいカップルです。

お互いにないものを補えるというか。

七王自身、本当に好きな人と付き合うのが初めてでどう付き合っていいのかわからないというのもあるようです。
七王は大学でも久遠と話すのですが、必ず人目につかないところにいきます。
それは噂があるので久遠が変な目で見られないようにとの七王の優しさなんですが
久遠にはそれが気に食わないんです。自分に気を使っているのではないかと思っちゃうんですね。

温泉旅行では、楽しく過ごす2人ですがそこで七王の高校の先輩に会います。
この先輩がなんと七王の「初めての相手」であり、七王がこんなふうに自分のことを卑下しちゃう原因になった人物です。
まぁトラウマのようなものですね。

ですが先輩は七王に気づくと迫ってきます。
その場面を久遠が目撃してしまい嫉妬炸裂です。。。もうね執着しまくってます。

久遠自身は七王にもっと執着して欲しいみたいですね。七王って久遠に嫌われないように一生懸命だから
基本執着したくても態度には表さないんですよね~。それが嫌みたいです。

俺は日に日にアンタのことを考える時間が長くなっているというのに

久遠ゾッコンです。

先輩と七王との関係
先輩はね・・・七王のことが好きだったようです。そして七王も自分の性癖(男性が好き)というのがあったので
誘ったらしい。でも先輩は事後のあとにそんな自分が受け入れられず、
七王のせいにして去っていきます。これが七王のトラウマになるわけです。

先輩に言われた一言がずっとずっと七王の心に突き刺さったままだったんですね。

でも先輩はあの時はガキで受け入れられなかっただけだと。またあったらやっぱり七王が・・・と迫ってきます。

この辺はもしかしたら七王は揺れるのかなと思ってたのですが、やっぱり一途な七王です★
それに久遠がね~超束縛オトコですから!

そういえば・・・先輩との回想でね、お前の目が・・・俺をおかしくさせるんだよ!と言われてたんですよね。
普段はメガネをかけてない七王(家ではかけてませんねあまり)
だからもしかしたら先輩にお前の目が・・・ということを言われてメガネをかけるようになったのかもしれません。

無慈悲なオトコでも久遠と会うときにメガネ・・・と言ってさっきまでかけてなかったのにメガネをかける場面ありましたから。

久遠の執着
もうね、ライバルが登場してから久遠が今まで以上に執着・束縛します。
2泊3日で温泉旅行に来ていたのに、今すぐ帰ろうといって帰っちゃうんですね~。

一秒たりともここへ居させたくない

俺の家に来てくださいと七王を誘います。
そして2人で寝ていますが、先輩とあって昔のことを思い出したのかハッと起きる七王。
その七王を優しく、そして強引に抱く久遠。

そうそう、私が前回書いたイラストは無慈悲なアナタの第3話の扉絵でした~。
間違えてた・・・、無慈悲なオトコの場面描いたつもりが~。

七王はね、先輩とのこともあって身体を重ねても不安なんですね。いつかさよならと言われるんじゃないかって。
いろいろ考えていることが久遠にも伝わってしまいます。

今は俺のことだけ考えてください

そう言って七王を抱く久遠ですが、七王はどこか切ない。

おまえはもともとノーマルだし・・・
最初に・・・おれが強引に体つなげてさ・・・
おまえは俺のこと好きじゃなかったのに


そして先輩に言われたセリフを思い出して同じように久遠に言ってしまいます。
俺にノセられたようなもんじゃねぇか

すると久遠は激怒しちゃうんです。久遠は素直な人間ですから自虐的な言い方が気に食わないようです。
そして七王が臆病になっているのは先輩のせいなのかと問い詰めます。

七王は自分の気持ちを伝えます。
久遠のことしか考えてなくって、頭の中は久遠でいっぱいだと。好きでたまらないけど
怖くて、嫌なところ見せたくないし、自分より久遠を優先すると言います。

すると久遠は七王のそういうところが嫌いだと言います。

久遠は、七王自身であっても七王を否定するようなことは言わないで欲しいと。
そしてもっともっと弱みを見せて欲しいし、さみしいとか辛いとか行って欲しいといいます。

俺の執着心をみくびってもらっちゃ困ります
はぁ。。。久遠かっこいいわぁ~。

そして久遠の自己分析すきです(笑)

俺は元来激情型だと思う 人にはよく寡黙だと言われるが・・・それは感情に乏しいわけじゃない
「この人が愛おしい」「俺の完全な庇護下に置いておきたい」その衝動を必死で押し込めているだけだ


私こういうの好きなんですよね~。好きになるまではクールでいられるけど
好きになったらとことん!!!みたいな感じ★
久遠・・・永遠よりいいんですけどぉ~。

久遠と先輩
出かけてくると言い残して久遠が出かけてしまいますが、なんと久遠、先輩に会いに行ってました。

あの人のことは諦めてもらえますか
もうストレート過ぎます・・・久遠。
先輩も汗たら~で振り返ってますよ(笑)

先輩は先輩で七王に言いたいことがあるらしく、どうしても目を見て謝りたいと言っています。
でもところどころに七王と親しかった感をアピールする先輩にちょっと嫌な気分になる久遠。

気難しいところがあるやつだからという先輩に対し、久遠は
僕は あんな可愛い人他にはいないと思ってます
と言い返します。

そして先輩とわかれてきた久遠でした・・・久遠の嫉妬もあり、張り合っているところとかキュンキュンなっちゃいました。

誰にも七王を触れさせたくない
もうね~久遠すごいです・・・独占欲がね。
かえってそうそう七王を抱きます。

この人は俺のものだ 俺だけの人だ
久遠自身も七王が好きすぎて不安なんですね。
抱いても抱いても満足できないようです。自分がもう執着しまくってるから余計に不安になるのかもしれませんね~。

教授と七王と久遠と先輩
久々に登場の教授です。今回もいい仕事してくれました~。
教授とお茶を飲んでた七王。窓を見るとなんと先輩が大学に来ていました。

先輩と2人で話をする七王。
先輩が七王に言いたかったのは、5年前きちんと七王のことが好きだったということでした。


久遠はね相変わらず七王のことを考えています。先輩とあったら強引に引きずられてしまうんじゃないかとか
考えちゃってますね。おれが守らないと!まで思ってます。

待ち合わせの場所に七王がいなくて気になる久遠。嫌な予感がすると教授のところへ行きます。

やぁ相川くん 今日も元気に不機嫌そうだね
教授ってけっこう七王に惚れてたのにで久遠には厳しいですよね~。面白いわぁ。

そして七王が誰かと4号館へ行ったと久遠に教えます。
急いで行こうとする久遠に信じてあげたら?という教授。そんな教授にもカッときちゃう久遠です。
あんたがあの人を語るな!と。。。

教授にもかなり執着しているねと言われてしまいます。

相川くん ひょっとして君・・・
最初から七王くんが気になってたんじゃないの?


どういう意味かと聞く久遠。

人を嫌悪するには幾つか理由があるんだよ 生理的に受け付けない場合はもちろんだけど・・・
本当は興味があるのにそんな自分を打ち消したくて生まれる憎悪・・・


教授確信を付いちゃいました~。無慈悲なオトコの久遠はとにかく最初から七王が苦手だったんですが・・・
本当は初めて見たときに綺麗な人だと思ってたようです。
でも彼の噂を後で聞いてショックを受けてしまったらしく、それで勝手に裏切られた気になって嫌悪してたらしい。

本当は久遠自身も初めから七王が気になってたけれど、噂を信じた久遠は七王を避けてしまったんですね。

場面は七王と先輩に変わります。
先輩の告白にもう俺は大丈夫だという七王。本気で好きになれるやつ見つけたと言います。

先輩は久遠はかなりの独占欲があるからいじめられるぞと言いますが、
七王は久遠がいいと言います。

そこへ久遠がやってきます。
もうね~先輩の前で見せつけるかのようにキスしちゃう久遠。情熱的だわぁ。

そんな久遠と七王を見て先輩もあっさり身を引きます。

あんたに近寄る男は許せない
久遠ね~七王にちゃんと気持ちを伝えましたよ。
好きを通り越して愛してると!!!

七王は信じられない感じですね。でも身体で分からせてあげますと言って大学で抱いちゃう久遠。
七王も同じように久遠のことが好きだと言います。

もうね~このふたりのエロはね・・・すごいです(笑)
2人とも溺れまくってますからね~。でもこれでいいんですよね。

お互い本当は一途&情熱的ですから合ってるんです。
七王の卑屈なところも久遠の情熱があればきっと治っていくでしょうしね。
七王も久遠に対しては精一杯甘えようとしていて本当にかわいいです。

あの「クールな久遠」はどっかいっちゃいましたね。
またこの2人の続編みたいけど・・・変にライバルとか出てきたら辛いしね。2人はこれでいいかな。

このカップルは絶対おすすめです!絵もかっこいいし、ぜひ一度読んでみてください。
いつもいつも長文ですいません~。

もしよかったら下にあるランキングをクリックしていただけると記事を書く励みになります!

  
関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。
 カテゴリ
 タグ
None