突然の温泉旅行と突然の参加者に戸惑う火弦・・・。ディアプラス9月号掲載分の感想


ディアプラスで何が楽しみかって・・・花鳥風月が本当に楽しみで毎月ワクワク。とりわけこの火弦編が好きでもどかしくて切なくて大変ですね(;´・ω・)それでも火弦が幸せになるための試練なのだと思って・・・・。いつでも転げまわる準備はしているのですがなかなか曜明サン意地悪ですね(n*´ω`*n)

花鳥風月コミックス&電子書籍情報



志水ゆき 花鳥風月





ディアプラス9月号の電子書籍情報






花鳥風月 第43話の感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。


こちら、花鳥風月6巻に収録されるストーリーになっています。まだコミックスになっていないストーリーですのでコミックス派の方はご注意ください。また、ネタバレ盛大ですのでネタバレ不要な方もご用心ねがいます。

あの人のために命を差し出して、助かって、また声を聞けて、
もうそれだけでいい。そう思っていた。



扉絵から浴衣姿の火弦(n*´ω`*n)色っぽいですヨ・・・・。

温泉旅行


前回、一泊で温泉に行こうとまさかの曜明からのお誘いに・・・キタ!やっほ~いだったはずが・・・・
「ひづくん!」の言葉に・・・出たΣ( ̄□ ̄|||)ってなったのは言うまでもありません。

やっぱり一緒だよね・・・


今回は温泉向かうところからスタート。運転席には曜明、助手席に火弦、後ろに透子さん羽美ちゃんでした。
はしゃぐ羽美ちゃんとそれに笑顔で答える透子さんとは反対に・・・・火弦の顔が暗いのが印象的。

その気持ちわかるヨ火弦!!!ワタクシも同じ気持ちですワ。

到着後・・・火弦と羽美ちゃん。
羽美ちゃんは・・・大好きな火弦と一緒なせいかすっごくはしゃいでいますね。

「おちたらまたたすけてくれる?」(羽)

「もちろん 命にかえてもお守りします」(火)

いやいや、羽美ちゃん・・・落ちるような状況にならないように気をつけなさいヨ!火弦を危険な目にあわせてもいいの?とひとりツッコミしてしまいました(笑)

羽美ちゃんと火弦が2人でいるのにはワケがあったのですね。
透子さんと曜明は2人で出かけていました・・・。

そう思うと、もともと4人で来ることは決まっていたのかなぁ~と思いますね。曜明も酷いよね・・・
なぜあの時に4人でって言わないのでしょう。
期待させておいてほんとρ(`D´#)もぉぉっ! ですヨ。

火弦は透子さんに曜明と出かけること、その間に羽美ちゃんの面倒を頼まれたことなどを思い出しぼ~っとしています。

ひづくん!

何度呼びかけても返事をしない火弦に、大丈夫?疲れちゃった?と気遣う羽美ちゃん。
ここら辺はかわいらしいですよね。大好きな火弦のことを本当に気遣ってて心配そうにしているのとか・・・。

火弦は羽美ちゃんの心配そうな顔をみて、こんな小さい子に気づかわせてしまって。。。と思います。

そんな火弦に、

「もうケガしないでね ひづくんまでパパみたいにしんじゃったら羽美はかなしいよ」
「ママも ようおじさんも きりやのおじさんもにわくんも ひづくんがしんだらかなしいよ」

こんなふうに心配されて火弦は自分はなんて自分勝手で幸せ者なのだろうと感じます。

あの日 曜明さんに拾ってもらえて 
本当によかった―


透子さんと曜明が向かった場所


場面は変わり、透子さんと曜明。曜明は車の外で待っていて、透子さんはある建物の中に。

職員とみられる人に案内された先には・・・・・

「こんにちは 理華ちゃん」(透)

理華ちゃんというのは勝又の孫ではないですか!!!透子さんこれから理華ちゃんの面倒とかみるのかしらね。


透子さんと曜明を見るのがツライ・・・


二人が帰ってきます。透子さんの荷物などを持つ曜明をみて火弦は色々と考えます。

一泊温泉によって行く 今回の件の褒美だ

そう言われたから2人きりだと思っていたのですよね。だからこそすごく楽しみにしていたと。

でも これが 現実

がっかりしたけれど、それでも命拾いしてもらったものの方がはるかに大きいと感じる火弦。

もうね・・・・火弦の表情が切なすぎてたまらんです(´;ω;`) これだけ期待させておいてほんと曜明のSっけがすごいですワ。まぁ・・・Sはね冷たくしておいてから~の甘々がありますから。。。。そこを期待!!!


でもね・・・本当に本当に透子さん、羽美ちゃん、曜明を後ろからみる火弦がツライんです。でも十分すぎる褒美だと自分に言い聞かせて。。。なんて健気なのこの子は!と。

せっかくの露天だ お前も来い


部屋は曜明と火弦同室だったんですね(n*´ω`*n)ヨカッタ・・・。曜明が帰ってくると・・・・

まだ風呂入ってないのか

俺は後でいいんで 曜明さんお先にどうぞ

そういう火弦に、十分な広さがあるからお前も来いという曜明。➡曜明お得意の羞恥プレイですね(n*´ω`*n)

(  °o ° ) ・・・・・・・・・・え?   (  ° o ° ;) 

ちょこっとフリーズしてからの照れ方はすんごいかわいかったです。そしてそれをご褒美だと思っている火弦がね((ノェ`*)っ))タシタシほんとこれがご褒美だとか・・・

これがご褒美だなんてワタクシは認めないわ ャダ((o(;□;`)o))ャダ

「失礼します」そう言ってお湯で身体を流す火弦。曜明は・・・そんな火弦をチラ見。
曜明は火弦の撃たれた箇所が気になるようですね・・・。

火弦も後ろからの視線に気づいているようです(笑)

(☆_☆)じ~~~~      (//・_・//;) ナンカミラレテル・・・・?

そして2人だまってお湯につかっていて、沈黙がツライと感じる火弦は話しかけます。

理華ちゃんはこの先どうなるのでしょうかと。曜明は社会復帰にできるようになるまでは、今の施設で面倒を見てもらうのだそう。そのあとはなんとあの財前が後見人になるんだって。。。。。

よく吉利谷が許したもんだと思うが

勝又の回想が入ってくるのですが、勝又おなかに傷がありましたよね。あれは・・・なんと理華ちゃんのために自分の内臓を売ったようです。そしてそのお金をもって吉利谷のところへ行ったのでしょう。

それに情をかけたのですね吉利谷は。なんでしょ・・・優しい男なのね吉利谷。。。(怪しく思って(m´・ω・`)m ゴメン…)

その話をきいて火弦は思うのです。

財前を後見人に許したのは、吉利谷から勝又への餞別なのだと。

たった一人の男のせいで皆が理不尽に不幸になった

なら次は みな幸せに なればいい 皆で幸せに・・・


このたった一人の男のせいというのは入江のことですね。ほんとやなやつでしたね・・・。入江と勝又の娘が結婚しなかったら・・・・入江が克也を殺さなかったら・・・・みんな幸せに暮らしたかもしれないと思うとちょっと胸が痛みます。吉利谷も克也から特別なご褒美をもらえたかもしれない。一つ歯車が狂うと連鎖反応のように崩れていくものなのだなぁと思いました。

そんなことを考えながら入っていたせいか、火弦はのぼせてしまいます(;'∀')
火弦を抱きかかえベッドへ連れていく曜明。

裸の火弦ですが。。。。ちゃっかり手であそこ隠してる((ノェ`*)っ))タシタシ どんな状況でもやっぱり恥ずかしいのね・・・・。

そして火弦の状態を気に掛ける曜明に萌え。
曜明はやはり火弦の傷を気にしている様子ですね。傷というよりは貼られたガーゼみたいなテープみたいなヤツ。

褒美は何にするか決まったか?


火弦に曜明が語りかけます。

火弦 褒美は何にするか決まったか?
がんばったらどんなものでも何でもやると約束したろう


この温泉旅行が褒美だと思ってた火弦は驚きます。この温泉がそれなんじゃないのか?と聞くと、この温泉の予約と支払いは吉利谷の計らいでこれが褒美なわけじゃないと曜明。

そして

お前自身が望むものじゃないと褒美にはならないだろう

火弦の望むものなんて決まってますけどね(n*´ω`*n)火弦は心の中で必死に言うんですね。(これが本音)

曜明さんが欲しい 
恋人にしてほしいなんてぜいたくは言わない

でもせめて1回・・・

一度だけでいいから その肌を知りたい 
一度でいいから・・・ 抱いてほしい


言いたいのに言えない願望を飲み込み、火弦が発した言葉は

これからも陽明さんのそばに置いてください

死ぬまで仕えたいという火弦。ですが曜明はそれを却下するんです!!!

それは褒美じゃない もっと特別な手に入らなそうな望みを言え

なんて言っていいのか分からなくなった火弦はちょっとやけくそみたいに

じゃぁキスで! キスして下さいっ

もうこの時の火弦がかわいくて。テンパりすぎて本音が・・って。もうなんてかわいいの!
すると曜明は言葉通りにキスをしてきます・・・。


ここで次号です。

感想
まって!!!曜明もキスなんて何度も何度もしているというのに「手に入らなそうなものを言え!」なんて言ったそばからキスしちゃうとか・・・。絶対火弦が欲しいもの知ってて焦らしプレイでもしてるんじゃないかとさえ思えてきます(笑)

曜明の事だから火弦が盛り上がってきたところで「次はなんだ」と徐々に言わせていく感じになるのかなぁ~。
どうでしょ~ほんと次号が待ち遠しいです。

どうか・・・・どうか羽美ちゃんが入ってきませんように(´;ω;`)それが怖い・・・・・・・・。一緒に来てるってことはそういうオチもあるかもと思っておかないと怖いですね(笑)

そして悲報・・・次号休載です(´;ω;`)

ですが朗報! 先生のメッセージで・・・・

再開後はいよいよ甘く!だそうです(´;ω;`)待ちきれない~!!!

この際ね・・・・火弦のご褒美~じゃなく火弦があれして欲しいって言わなくても曜明が火弦を欲しがっている描写でお願いしたいです(´;ω;`)もうその展開が来たら・・・転げまわって叫びそう。(通報されます(笑))

はぁ~もうどうしましょ。楽しみです。

あと、前回のアンケート結果です!

みなさまありがとうございました!アンケートに51票。。。お付き合いくださった方本当に感謝!

花鳥風月のアンケート 吉利谷は火弦のことをどう思っているのか

花鳥風月のアンケート 吉利谷は火弦のことをどう思っているのか


「同僚になついている後輩的な感じ。ただ一生懸命でいじらしいし可愛いとは思っても恋愛感情はない。 」
「恋愛的な意味ではなく、克也と自分の関係を思い出している様にみえた」
「特別な好意がある➡だといいなあ(笑) 」
「とても可愛いがっている 」

といったコメントもいただきました!ありがとうございます。アンケート結果みるの楽しかったです♪

今回も温泉旅行、吉利谷の計らいということで・・・やっぱり火弦の事をかわいがっているというのはわかりますよね。
特別な好意があるというのも、11票!約4分の1の方はそう思っているようです(n*´ω`*n)

吉利谷。。。いつか語ってくれるかしら。

では次号はお休みですが・・・11月号は盛り上がりましょうね~♪
関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。