シェリプラス11月号掲載。はだける怪物1巻に収録予定のストーリーです。


シェリプラス11月号が届いて、囀る鳥は羽ばたかないを読み次にこちらを読みました。かんちゃんのいろいろな顔が読めて今回はすごくきゅんとなる場面が多かったように思います(o^―^o)
かんちゃんはいつもツンツンしているからやっぱりテレたり笑ったりすると本当にかわいくて・・・。今号はエロあり回でしたので気になる人はチェックしてみてくださいね♪

はだける怪物/コミックス情報


第5話なのでそろそろ・・・・と思っているのですが、まだアナウンスはありませんでしたね。おそらくですが毎回ページ数もしっかりある作品ですので、6話、7話あたりで1巻だと思います。6話だと200P未満、7話だと200P超えですね。この作品は1巻では収まらないような気がしてきましたので(まだ弓も出てきてないし・・・・)今のところ、次号くらいに何かアクションあるのではないかなぁ?と思ったりもしています。


はだける怪物第5話の掲載誌情報


シェリプラス11月号 雑誌情報


シェリプラス11月号Cheri+(シェリプラス) 2016年 11 月号 [雑誌]
新書館; 隔月刊版 (2016/9/30) 表紙:キヅナツキ(ギヴン)
電子書籍




はだける怪物第5話の感想は以下より。ネタバレ含みます。


まだコミックスになっていないストーリーです。コミックス派の方、ネタバレ不要な方はご注意ください。感想はネタバレ盛大仕様です。。。

「俺は」って言葉の呪いが、俺を縛る。
俺だって、あんた以外いねぇよ。初恋なんだ―林田さんが。



かんちゃん、はじめて大阪へ行くの巻


今回は、前回のちょこっと不穏な空気で心配だなぁと思って恐る恐るページを開いてみましたが冒頭からもうかんちゃんが大阪へ来たところからでした(n*´ω`*n)デート回だというのは知っていたのですが、もう来ていたのねぇ!!!と。

かんちゃんが大阪にいるから秀那の顔が本当にうれしそうでこちらまで(。-∀-) ニヤリ・・・・。

大阪の電車(地下鉄)情報がすごく詳しくて、ふふふ・・・となりながら読みました。ワタクシもはじめて大阪へ行ったとき・・・・ここだけの話、目的地へ行くのにグルグルとまわり1時間以上迷いました(笑)もう半泣き状態でしたヨ。。。今はそれなりにわかるのですがあれはびっくりしますね!そうそう・・・大阪駅って新しくなったんですよね?新しくなってからは行っていないのでまた関西に行ったら寄ってみようかなぁ~(また迷ったりして(笑))

秀那もかんちゃんも嬉しそう


秀那はかんちゃんに会社のことなどを話しています。最初なので結構大変だったようですが、今日のために頑張ったと。

「これ乗り切ったら林田さんと会えるから 頑張ろーって」
「遠いのに来てくれてありがとうございます」

この言葉と秀那の笑顔にビックリして、少し照れながら「・・・べつに・・・」というかんちゃん💛ですけどツンデレさんですからね、肉まん買ってたこ焼きを食べるついでに顔を見に来ただけだといいます(笑)

でもね~かんちゃんもすっごくテンションが高くて本当にこの回はかわいらしいですヨ!たこ焼きにも感動しちゃっているし。。。

お化け屋敷デート


大阪限定で開催されているお化け屋敷に行こうと誘う秀那。最初はバカにしているかんちゃんですが、行くことに。かんちゃんはあまり怖くないのかな?秀那は入り口からすでに緊張してましたが。

「こえーのかよ!」
「だって今から驚かされるのわかってるし・・・」

「つーか男二人が俺らしかいないことのほうがこえーから・・・・」

↑このかんちゃんの突っ込みちょっと笑ってしまいました。ワタクシ・・・お化け屋敷と絶叫マシーンが大の苦手でして(;´・ω・)おっとと遊園地に行っても絶叫マシーンに乗っているおっとを外側から見て楽しんでいるという「なにしに来たの君」状態の人です(笑)
観覧車も怖くて乗れません(笑)そしてお化け屋敷も暗闇では本当に目が見えないので(鳥目さんなんです)それが怖くて怖くて←でも遊園地の雰囲気は大好きなんですヨ。。。

さて・・・かんちゃんたちもいよいよ屋敷内へ。

怖がりの秀那がややテンション高め(怖いとそうなりますよね(笑))そして怖いので腕持ってていい?と聞きます。その腕の持ち方がねぇ~これまた男らしいんです💛

「だーいじょうぶっすよ!見られてんのお化けくらいですよ」

「バカじゃねーの!」(チャラ・・・・・・)

そしてお化け屋敷を最初はバカにしていたかんちゃんですが、結構怖いようですね。←途中みたら秀那のほうが落ち着いてる(笑)

「じゃぁ もっとくっつく?」と言われカチンと来たのか、かんちゃんは壁ドン。

秀那にキスをします。

「ちょ・・・なんっ 何やってんすか!?」

動揺する秀那に、見られてんのはお化けくらいなんだろとスタスタといってしまいます。。。

その頃・・・・・(で・・・・出られなかった・・・)と思いっきり二人を驚かすつもりだったお化けくんが2人のキスに驚かされていました(笑)

え~でもお化け屋敷内の2人の様子が見られるって・・・チューしているのも映っているんじゃ・・・・????


いろいろな写真


かんちゃんが持ってきたカメラですが、いっぱい写真を撮っています。かんちゃんがあんな風に写真とるなんて~と笑えますので読んでみてください!!!

「写真とるならいいとこありますよ 大阪一望!でさらに二人っきりです💛」

そういって観覧車に乗る2人。かんちゃんと秀那はいろいろ話すのですが、電話で忙しそうでしんどそうだったのに元気そうだなというかんちゃん。

「そこは本気でしんどかったですよ!」「林田さんと会えたから元気です!林田さんは俺 たこ焼きのついでみたいですけど」

「ウソだよ・・・・  ・・・・・・俺も

「お前と一緒にいるとたのしい」

その言葉にびっくりする秀那。。。恥ずかしそうに横を向いているかんちゃんの顔は・・・首まで赤くなっていました(n*´ω`*n)

そして秀那も照れながら言います。

「・・・俺・・・林田さんといるといい歳してすげぇはしゃいじゃうんですよね」
「ガキっぽくなるっていうか」

その言葉に「ふ・・・・」と笑うかんちゃん。「かわいいじゃん」と言って秀那にこっちにこいといいます。秀那が横へいくと、もたれかかるかんちゃんにびっくりしてしまいます(〃▽〃)

「ちょっ・・・!?な・・・っなんか今日おかしくないっすか?」
「おまえかわいいから」

「俺!?」

ふふふ・・・ちょっとかんちゃんは確かにいつもより甘えているけれど、秀那が振り回されている感じはいつもと同じできゅんとなりました。やっぱりね・・・思うのですがかんちゃんにも暗いトラウマのような過去があるでしょ・・・だからこそこういう明るいストーリーが読みたいって思うんです。

かんちゃんには幸せになってもらいたいから、暗い展開よりもこういう明るい展開のほうが読んでて「あ~面白い!!」ってなります。。。秀那にしか見せない顔があってかんちゃんがテレるたびに本当にドキドキしちゃう。

秀那のマンション


デートした2人ですが、外は雨が降ってきました。予報でも雨は降る予定だったようですが2人とも傘は持参しておらず・・・・。

かんちゃんが傘を買いに行ったのですが戻ってくると1本。「一本?」と聞かれ、その意味を悟ったのか(//・_・//)カァ~ッ…となるかんちゃん。その顔に秀那までつられて照れてしまいます。←今回はこういうのが多くてすっごくきゅんとします。

マンションでたこ焼きを食べる2人。たこ焼き器のくだり面白かったですね!「一家に一台」これ本当に聞いたことがあって、大阪のお友達のおうちに遊びに行ったときにも熱弁され、さらに焼き方にもこだわりがあって面白いなぁ~と感動しました。。。実はそのお友達のところで食べたたこ焼きがすごくおいしくて、タコ焼き器を購入しちゃったんですよね。。。(たま~にしますが、自分で焼くとすっごく時間かかる・・・・)

おっと脱線。

「こっちの人とは仲良くなったのか」
「あ!そうそう こっちの先輩がちょっとアッチっぽいっていうか・・・」

「あっち?どっち?」
「や なんかゲイ?っぽいらしくて」

「へ~・・・・・ほんとかよ」
「マジで その先輩がよく行ってるバーの男の人をすっげぇ狙ってるらしいんすよ」「それでなんでか俺をその店つれてって目当ての店員釣ろうとしてんの」

ははは、それってエサじゃんいったのか?と聞くかんちゃん。店員も男に興味ないだろうし、その先輩はほかのところでも変な人だから二人で行ってはいけない気がしてますと答える秀那。

かんちゃんは「気ぃつけろよ」と言ってベッドへ寝転がります。

2人のエロはやっぱり鼻血・・・・


ベッドで寝転がるかんちゃんは眠いので起こして・・・というのですが、そんな彼をみてちょっと寂しそうな秀那。秀那も今日は期待しているでしょうからそりゃシュ~ンってなっちゃいますよね。。。でも今回のかんちゃんはちょっと違いますヨ!

秀那のほうを振り向き、頬に手をやり・・・

「みすみす寝かすなよ」

そういって腕を引き寄せキスをします。

あ~もうチューもいやらしい!!!!そして修正も甘いので(白い細い線です)かなりくっきりデス・・・・。T子もトーンで色がついているし・・・かんちゃんのT子から汁が・・・・(/┏Д┓\)ヤバイ・・・

すると秀那。

「林田さん 自分でいじってたでしょ、これ」
かんちゃんのお尻をいじりながら言います。「んーうんっ・・」と答えるかんちゃん・・・昨日も一人でお尻いじりながらやってたようです。「次するときは電話してよ」とか言ってる秀那もびっくりですけどね・・・この2人エロいですよね(笑)

「っていうか一晩待てば今日俺とできるんだからさ」

かんちゃんは、できると思ったら我慢できなくなっちゃたんだって((ノェ`*)っ))タシタシあぁ~かんちゃんカワイイヨ・・・。

もうもう今回のこのはだける怪物は雑誌で絵柄で見たほうがいいと思います。秀那のT固がぶるっとしてる描写とか、それを「ここに」と言って穴と指で拡げるかんちゃんとか!!!え~こんだけで修正いいの?と思ったくらいの描写でした。

「欲しかった」
というかんちゃんに「アンタは・・・・ダメです やらしすぎます」ともうここはかんちゃんペース・・・・。


かんちゃんのエロの時の顔がこれまた最高ですよね。アヘ顔が最高に色っぽくて好き。やっぱりおげれつたなかさんのエロはすごいなぁ~って思います★表情も素敵ですね。

エロ場面は6Pちょいってところですね(n*´ω`*n)

秀那の願い


事後・・・かんちゃんはぐっすり眠っています。その横でカメラを見返す秀那。

(写真・・・増えたな・・・・)

あの場所が いつか昔の写真より
俺の写真の方が多くなったりするのかな

いや、 そうなりたい


感想・まとめ


いやぁ~前回の終わり方でどうなるかと思いましたが今回はとっても良かったです!2人ともかわいかったですね。

ですが、やはりいろいろ伏線なるものが出てきましたね。
  • 秀那の先輩
  • 先輩が狙っている店員


たぶん・・・・秀那は先輩に連れられてこの店に行くと思うんです。そしてここの店の店長が弓ではないかと思うんですよね・・・・。弓を見た秀那は絶対気が付くと思うんです。。。。

そして秀那に会いに来たかんちゃんと・・・弓がまた会うという流れになるのではないかな?と思ったりもします。
どこで弓と出会うのだろう?と思ったのですが、おそらくこの先輩がキーになるのではないかなと・・・・。

弓には秀那が会わせるのかどうかはわかりませんが・・・・。早く弓と会ってかんちゃんの家の写真が秀那でいっぱいになりますように・・・過去から早く逃れられますように。

しかし・・・先輩がゲイだなんて(;´・ω・)う~ん。。。。タチでお願いしますヨ~。秀那を狙ってきませんように。

という感想でした!面白かったです。案外、大阪にいる間に先輩にばたっり会う→お店に行こうぜ的な流れになる→そこに弓がいる・・・という早い展開にもなったりするのかな?と想像が膨らみますね。。。。

そうでなければ秀那サイドのストーリーが今後描かれるのではないのかな?と予想しています。

今回はかんちゃんもかわいいのでぜひ読んでみてください💛電子は・・・・もう少し先ですね。

かんちゃん&秀那が読めるコミックス




関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。