コミックスの感想

【 チョコストロベリー バニラ】彩景でりこ/BL漫画感想【ネタバレ注意】歪なトライアングル

高校の同級生と幼なじみ二人の奇妙な3角関係を描いたストロベリーバニラの感想レビュー

実は、あまり三角関係モノ好きではないのです。モヤっとする気持ちが残ってしまって。

どちらかというと幼馴染系の一途な恋が大好きなのですが、なんでしょまずは表紙に惹かれてしまいました。

ちょうどこの作品がランキングでも常に上位にいたので気になっていたのもあり、読んでみることに。

とりわけ、絵柄が好みだった・・・というのではないのですが・・・・

読んでみると、なんだか不思議な魅力がある作品だと感じ、トライアングルのあるカプに肩入れしてしまうというあるあるを発動させてはいるものの・・・最後まで楽しく読めました。

ちなみにエロがっつり。何がおもしろかったかは、3人の心理描写が微妙に変化していく過程がとても面白かったです。

チョコストロベリー バニラ 作品紹介

チョコストロベリーバニラ

ジャンル/テイスト三角関係/エロ多め
胸キュン
切なさ
エロ
満足度

内容紹介

幼なじみのタケと“物”でも“人間”でも“好きなモノ”は何でも共有してきた拾(ひろい)。その拾の好意にずっと応えてきたタケ。拾に恋焦がれるあまりに、そんな二人を受け入れたミネ。絶妙なバランスで成り立っていた同級生三人の関係が、それぞれの想いの微妙な変化により、少しずつ崩れ始めていく――!? 麗人誌上で大好評を博した甘美なトライアングルラブシリーズ6話+描き下ろし番外編を完全収録した著者初の麗人コミックス!!

注意

これより下はネタバレ含む感想ですのでご注意ください。

チョコストロベリーバニラ 感想/ネタバレ盛大

まずがタケと拾の奇妙な関係。なんでも共有したがる拾はなんと男までも共有しちゃうんですね。

男までもというか・・・歴代の彼女たちまでもそうだったようです。

タケはタケで拾の喜ぶ顔がみたかったのでその共有を承諾してきたようですヨ。

そして二人の攻を受け入れるミネ・・・ミネは高校2年生の時に中退していますがこの頃、拾に恋心を持っていたようです。

同窓会で再開したミネと拾は関係を持ったようですが、ミネのことを気に入った拾は恒例のごとくタケと「共有」しようとします。

ミネは拾だけではなくタケまで来たことに驚いてました。。。

3人でしようとおもって

おい、拾!急にそんなこと言うなんて流石にドンびきですわ。なんて思ってたらミネは何?ゲーム?なんて言ってます。(笑)

ストレートに3人で気持ちよくなろうと言う拾にさすがのミネも怒って拒否。当然かと。

だけど、拾は嫌だったらもうここには来ない、タケちゃんのことも同じくらい好きになってくれなきゃダメだといって帰ろうとします。

これでいつもダメなんだよね~なんて拾は言ってますが当然でしょうね・・・。

普通はドン引きです。

拾一人だと思ってきてみたら他の人までいてしかも3人でしようって言われたら・・・いいよ!っていう人の方がおかしいような気がします(;´・ω・)

でも拾のことが大好きなミネは受け入れてしまうんですよね。

なんだかんだで怖そうなミネも拾を前にしたら可愛くなるのもポイント。ただ・・・本当は拾を抱きたかったミネですが抱かれちゃう方になったようです。

ほんと歪なトライアングル。

ミネ→拾は確定なのですけど、身体の相性はタケとの方がいいというのも面白いところ。

拾もタケも・・・そしてミネも少なからず歪んでいますよね。

第2話

2話目はミネの視点で話が進みます。

ミネは本当に拾がすきですね。だけどいつもおまけがいるんです(笑)

タケのことは苦手というか嫌い・・・ と思いつつ、なんだかんだでいつも3人でやってます。

拾としては、恐らく自分とやっている時よりもタケに「入れられて」いる時のほうが感じているミネにちょっと表現しがたい感情が沸いているようにも思えました。

2人で(タケ・拾)一緒に入れようとするのですが、ミネが痛いと怒ってしまいます。そりゃそうだ・・・。

それから連絡を取り合わなくなってたようですが結局ミネから拾に会いに来ました。

でもタイミング悪くその時は拾はいなかったんですよね。

タケはいましたけど(;´∀`)

二人きりになってしまいました。

拾は拾で前回のことですごく落ち込んでいたようで、タケのいる前でミネと電話して仲直りするのですが、ここで拾からエッチな声が聞きたいと言われてしまいます。

タケと一緒にいるとわかった拾はタケにいろいろと「注文」をしてミネの声をきかせます。(変態です笑)

その途中で拾はねちゃってしまうのですが、タケとミネは続行!

お互いきらいだといいながらやってます(笑)

私はこの2人の関係が好きですね。

きらいきらいといいながらちょっとずつお互いに「好意」が芽生えているような様子がたまりません。

タケにとったら拾が中心で、拾の好きなものは好きになるというスタンスなんでしょうが、今までとはちょっと違った独占欲にも似た感情が出てきているように思います。

第3話

3話目は・・・拾の視点で始まります 好きな人は一人って誰がきめたの 相変わらず3人でしているのですが、、、拾の方にも嫉妬にも似たような感情が芽生えてきているように感じました。

タケとミネ、ミネがタケとやっているときのほうが気持ちよさそうとか2人がキスする場面を見てなんだろうこの気持ちは・・・と言っています。

その気持ちがなんなのか。。。

話を読むにつれてわかってきます。

話はミネと同窓会出会った時に戻っているのですが、この日拾は彼女に振られてるんですね。

それもタケのことが好きになったと。。。 恐らく何回もこんなことがあったんだと思います。

大事なものだから共有したい⇒タケのことが好きになってしまう・・・というパターンです。 知らず知らずのうちにタケに対して嫉妬にも似た感情があったのだと思います。

タケと拾の関係も、拾の気持ちも描かれていました。そして場面は同窓会の日の初めてミネと拾がやった日に戻ります。 俺のどこが好きなの?と問う拾に対し、愛想もなく頭も悪い、目つきも悪い・・・そんでも話しかけてくれるの拾だけだった・・・と。

ミネ・・・可愛すぎます。

拾は自分のこと好きで仕方のない顔をしているミネが可愛くおもえたんですね。

それで付き合うことになったようです。いつもいつも大事なものを共有して、タケの方を好きになられてしまったて拾。

そんな拾のことを好きでたまらないという顔をしているミネが可愛く愛おしく映らないはずないですよね。

はは これでミネ俺のものになっちゃったね

このセリフ大事だと思いました。

俺たちのものじゃなく俺のものって言ってます。

いつも共有してきたので俺たちでもいいと思うけれど今回は「俺の」でした。

3人の関係は変わらずにお話進んでいくように見えて、しっかりそれぞれの気持ちの変化が描かれているところに魅力を感じてしまいます。

 拾のためだと思ってやってきたことだけど、欲しいという感情が湧いてしまったタケ・・・・でも自分の手には入らないミネ。 喜ぶと思ってたのに悲しそうな顔を見せる拾。いろんなことが交錯しています。

そして2人で会うタケとミネ。多分これはタケから電話したんでしょうね。 なに?2人でやってとかっていうやつ?と聞くミネに、なぜかなぐられてくれない?とタケは言うんです。 ?ですよぉ私も。

ですが・・・2人は殴り合いをします(笑)

そのあと、俺に嫉妬しないの?とタケはミネに聞くんですね。

拾がお前(タケ)と離れられないというから受け入れるしか仕方ないだろ?と。 

拾を取られるのやなの?と聞かれますが、タケは違った感情のようです。 多分・・・ミネを自分のモノにしたいけど拾との今までの関係もあってよくわからないのでしょうね。

今まで自分たちは半分にしてきたけど、相手はどちらか一方に決めてきた、そして離れていった。

だけどミネは違うんです。自分も共有すると言ってきたんですね。タケはこのあと笑いますが、本当にこの笑顔は何か吹っ切れたような笑顔でした。 タケ自身、拾から半分もらってもそれは拾のものだと思ってきました。

だけどミネ言葉で半分は自分のものにしてもいいのかと思えるようになったのではないでしょうか。

そしてミネの鎖骨を噛みます。 俺がつけた傷だ 独占欲ですね。。。 どちらともちょっとずつ独占欲を持ちながら。。。ミネを共有していくのでしょうね。

~Melt~

その後、拾はなんだかんだでミネの鎖骨の噛み跡が気になっているようです。

タケはタケで自分がしたいように、自分本位のエッチをするようになってきました。

それは拾も感じているようです。 拾はミネに尋ねます。 ミネはさ たけちゃんのこと好きになってきた? と。

ミネはそんなわけないというけど、ミネから聞くタケちゃんはやっぱりタケちゃんの素ですよね。

最後はどちらか一方とくっつくのかな?と思ってたのですが・・・身体はやっぱり正直なようで・・ミネは拾だけでは物足りなくなってきているようです。

そして・・・ミネとタケがやっていてる場面。すごく気持ちの良さそうなミネ。それをみている拾・・・。 拾の心理描写があります。

最初は見せびらかせたいだけだった

いつもみたいに

俺のことすきっていうんなら たけちゃんごと好きになってよ

俺よりもお互いが好きになっちゃったら?

ああ・・・そうか だから好きな人は半分こにしちゃダメなのかと拾が思っています。

拾にも2人がなんだかんだで近づいているのがわかるのでしょうか・・・。

一緒にいて欲しくない、だけど一緒にいるには3人でないと・・・というような3人共離れなれないような感じですよね。

チョコストロベリーバニラっていうタイトルをいろいろと考えてみました。

チョコもストロベリーもバニラも単体でも美味しい。でもミックスでもイケる。

なんだかんだでうまくそしてより美味しくなる組み合わせなのかな~と。。。

とにかく心理描写を読み取るのが面白かった作品です。

一緒にいたい相手、それには必ず付き合わないといけない相手がいる。

これはミネに限らず、タケにとってもそうでしたよね。 それがお互いにいろいろとぶつかりながらお互いを意識し、近づいていく。。。 それぞれの自己主張もありぶつかるけどわかり合えてうまくまとまった・・・そんなお話だったと思います。

面白かったです。 エロいし、ストーリー性もあるし。これはBLコミックの中でも印象に残る作品でした。3角関係は嫌いな私ですけど。。。それぞれの歪みがひどくてなんだか受け入れられました(笑)

でももっとタケとミネのいいシーンがほしい~。この2人のぶつかり合いながら近づくというのは私の好み✩ ストーリー的にはう~ん歪んだ人たちのおはなしなので好き嫌いはあるかもしれませんけど読み応えはあるので私はおすすめです!

チョコストロベリーバニラ 電子書籍

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

7月のオススメBL作品 ベスト3

【1位】マーキングオメガ/藤河るり

オメガバース/GUSHコミックス

雑誌連載中からとにかく大好きで読んでいた作品。オメガバースにもう一つ独自の設定を盛り込んで展開していきます。ストーリー-は王道で読みやすく、初心者さんも楽しめる1冊。

とにかくるり先生の絵がとても美しく艶っぽい。オメガバースにぴったり!!!!

【2位】なかないひばり/ミナヅキアキラ

切ない一途愛/HertZ&CRAFT
作家買いです。イァハーツで連載時も夢中で読んでいました。兄を事故で亡くしたひばり。兄の友人である清澄と一緒に住んでいるのですが、ひばりは以前から清澄を想っていて・・・切ない両方想いに胸がギュっとなる作品。

【3位】白藍のケモノ/かざみ幸

ファンタジーBL×ピュア/GUSHコミックス

こちらも雑誌連載時から大好きで読んでいた作品。シアがとってもかわいくて、そしてライエンとちょっとずつ近づいていく姿にキュン。ライエンとシアのBLはとってもピュア。もっともっと続きが読みたくなります。

  • この記事を書いた人

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースもお気に入り。

-コミックスの感想
-, , , , ,

© 2020 BLメモリー BL漫画感想ブログ Powered by AFFINGER5