雨隠ギド

読み始めたら止まらなくなってしまった作家買いパート1

2015年12月11日

青年発火点・火傷と爪痕・青い鳥より&恋まで百輪などどのシリーズも面白くてハマりました


午前中に記事が消え、ふてくされてたスノウは私のことです( ノД`)シクシク…
あの記事がまたかけるかというとまったくもって書けそうにありませんので短くなるかと思います←やさぐれ中。
最近、読まずに敬遠するのはやめようと、取りあえずちょっとかじってみようと思って読んだら
ハマった作家さん約3名。作家買いしてます・・・。

第1弾は雨隠ギドさん☆
ちょうどRenta!さんを見てたらBLのトップにバナーがあったので気になってたんですよね。
そしたら青年発火点シリーズだと知り・・・。
ちょうどRenta!さんもキャンペーン中の青年発火点ですが、Renta!さんはキャンペーンといっても
若干なんちゃってキャンペーンのような気がしますので、他で購入したほうがいいと思います。

青年発火点:電子書籍別キャンペーン情報
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】青年発火点【電子書籍】[ 雨隠ギド ]  ¥324
青年発火点 青年発火点シリーズ (ディアプラス・コミックス)雨隠ギド 青年発火点(kindle版)   ¥324
【割引版】青年発火点 12月17日まで ¥324
青年発火点 48時間3チケ 無期限6チケ


他は半額で購入できるというのに、Renta!さんだけ48時間3チケ・・・チケじゃないよケチだよねと思うわ~。
キャンペーンじゃないよねぇ・・・これは。という不満。

電子では私はRenta!さんとイーブックジャパンさんを使ってますが、楽天の電子だとポイントもたまるそうなのでうまく購入している人いるかもしれませんね(^^)

では~一気に、青年発火点シリーズの感想を♪

  

青年発火点火傷と爪痕青い鳥よりです。火傷~はスピンオフですが私はすごく好きですね。

感想は続きから読んでくださいませ~。


青年発火点

<内容紹介>
高校生の学は、超草食系の見た目に反してエロ雑誌でライターのバイトをしている。ある日、モテるのに恋愛ごとに疎い下級生の山隈と知り合い……? あまくてにがい初恋ダイアリー

<感想>
もうね、この1冊は初々しくてすごく好きです。ちょっと学が不思議ちゃんっぽいとこあるんだけれど
山隈が直球型なのでそのコンビがまた面白い。
途中、切なくなるというか、疎遠になる場面もあるんだけれどほんのちょっとの行動が関係をダメにしたり修復したりするんだなとすごく思った作品。

あの時 どっちか片方だけでも
ちゃんと言葉にしてたら・・・

この場面がすごく好きで好きで何回も読んじゃいました。そして学が自分の気持ちを言う場面も!

たった一言だけど・・・「好きだよ」というワンカットがすごくいいんです。

ストーリーもほんと持っていきかたが上手というか、すんなりと話が入ってくるし見せ方うまいし。
もうこれ読んだだけで「なぜ今まで読まなかったわたし!!!」と突っ込みたくなりました。

「そのあとのはなし」の書き下ろしも最高でしたね!

これで一気に面白いと思ってしまった私はめっちゃ読んだ。。。シリーズものからほとんど。
でも雨隠さんってBLだけじゃないんですねぇ~いろいろと描かれているみたい☆

火傷と爪痕

<作品内容>
古賀は作家・名島の担当編集。デビュー作以来何も書かない名島に筆を執らせたいのだが……?
「青年発火点」スピンオフ! 厄介な大人の恋。

このスピンオフがなかなかの面白さでしたね。青年発火点ではほんとちゃらんぽらんにしか思えなかった
名島の淡い恋。そしてツンデレ古賀のいいコンビ!!!
名島の若かりし頃の火傷のような恋はね・・・すごい設定でしたけどね。
でもこれを読むとなぜあんな風に節操なしなのかがよくわかったのですごくいいストーリーだったと思います。

反面・・・古賀はというと~なんとドーテーですしね( ´∀` )
古賀が名島に拘る理由もちゃんとはっきりしてたし、2人がBL関係になるのも本当にすんなり入ってきて
ストーリー展開がうまいんですよねぇ。。。

お前のクソのような初恋を終わらせてやる!
の古賀・・・しびれたあ~。いいわぁほんと!
古賀もね、実は自分がわからなかった時期に名島の本に出会い、自分なりに前を向くことができたのですよね。
だから古賀の中では名島は「恩人」なの。だからこそ書けなくなった名島を自分が助ける!という使命感みたいなものもあったと思うんだけれど、いつしかそれが恋心に。。。(〃▽〃)ポッ

ツンデレちゃんなのでうまく伝えられないちょっと厄介なとこもありましたけどね。
名島は名島でちゃんと古賀のおかげで進むことができたのもすごくいい。

書けなかった名島が書いたもの・・・古賀をモデルにしたお話。これもね~なんかよかったよぉ。
そりゃツンデレさんも堕ちるよね完全に!!!

火傷と爪痕ってどういう意味なんだろう?って思って考えたんだけれど、
火傷のような恋をした名島が書いた本があって、この恋のせいで結局は書けなくなったんだけど
そんな名島がその恋を昇華し今は古賀の話を執筆しているんですよね。
で古賀は・・・抱かれながら名島に爪痕を残す・・・。

女は火傷を残し、男は爪痕を残す・・・そんな感じなのかしらね?どちらも名島が書こうとした本に関連するよね(^^)
どちらも名島にとっては「特別な恋」そんなストーリーだったんだじゃないかなぁと。
すんごく面白かった!!!

青い鳥より

<内容紹介>
塾講師になった学(まなぶ)と、役所勤めの山隈(やまぐま)。七年経っても変わらず互いを尊重し初々しく慈しみ合う二人だったが、ある日、山隈の甥っ子の小学生・蒼太(そうた)を預かることになる。山隈にそっくりな蒼太を見ているうち、学の心にはある不安が芽生え……?
「青年発火点」七年後エピソード登場!「火傷と爪痕」の古賀と名島の続篇も収録。
【電子版限定おまけ付き】を収録!!

<感想>
7年後のストーリーなんですね~。この続編がさらに増していいんですよね。
なんか切ないし、学が悩むのもわかるんだけれど、やっぱりここは山隈ですねぇ!!!
お互いが大好きで大好きで仕方ないのが伝わってきてキュンしまくりでした(T T)

「青い鳥」ね・・・幸せはごく身の回りに潜んでいるということですね。そして相手のことを思って動くときその幸せが大きくなるのだと。本当に学と山隈のストーリーめちゃくちゃよかったです。

もっともっと読みたい気がするけど、きっとこの2人はホンワカと幸せに暮らすんだろうな~って
想像できちゃう。

そしてこの「青い鳥より」には名島×古賀のストーリーも載っています。
この前後編も最高で・・・。これはねぇ何回読んでもいい!!!紙書籍で集めようかな。

本当は長文で書いてたのに、午前中に心が折れたのでこんなに短い感想になっちゃったけど
とにかくおすすめ度MAXです。3冊どれ読んでも面白いと思います。

エロはあるけどあまりエロくないです。でもかえってそれがいいんですよねこのストーリーは!!!
機会があったら読んでみてください~(^^)

ランキング参加しています。記事が消えて撃沈中の私をかわいそうだと思ってくれた
優しいかた!!!ぽちっと応援してください~( ノД`)シクシク…
BL漫画 感想

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

キャンペーン・無料で読めるBLコミックス情報

BL雑誌のすすめ。(雑誌最新話/ネタバレ感想)











バラ→コミックス版のオススメ!

【囀る鳥は羽ばたかない6巻】ヨネダコウ

囀る鳥は羽ばたかない6
大切だから、離れない。大切だから、手離す。 平田との抗争が切迫する中、百目鬼を捨て、ひとりでけりをつけようとする矢代だったが…… もの凄い展開を見せた6巻。今回はまずは区切りの巻になるのではないかなと思います。7巻からはまた状況が変わってくるかと。 これでハピエンでなかったらちょっとツライなぁ・・・と思う今日この頃。
未読な方は【【無料】漂えど沈まず、されど鳴きもせず】、【無料】囀る鳥は羽ばたかない 第1話】がありますのでぜひ読んで見てください。 そして【囀る鳥は羽ばたかない1巻】が5/30まで半額で読めます。

【僕のおまわりさん2】にやま

僕のおまわりさん2
10年愛の、その先。「これからも、ずっと俺といて」 二人の愛がすごく育っているので読みながらキュンキュンしてしまいました。幸せ止まらぬ蜜月同棲編です! コミックスはバラ配信の全5話に加え、単行本収録描き下ろし8P/電子限定描き下ろし(おまけ漫画1P)【全200ページ】。

【レムナントー獣人オメガバースー】羽純ハナ

レムナント
「お前との契約はもう終わりだ――」気持ちがすれ違い、深い溝が出来たまま過ごすジュダとダート。 そんな時、嫌々ながら参加したパーティーでダートは幼い時を一緒に過ごし、 教会の闇取引で売られていってしまった友人のフリオを見つける。 どんどん面白くなっていく・・・ツンデレ二人なのでもどかしいのですが、反発しながらも気持ちが向かい合っていく姿がたまらない。3巻はバラ配信の14話まで。 3巻以降のストーリーはこちら。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースの食わず嫌いがなくなり、今は気に入って読んでいます。

-雨隠ギド

Copyright© BLメモリー BL漫画感想ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.