コミックスの感想

暮田マキネ/還らずの夏/オメガバースが入ってた・・・

初オメガバースは突然に・・・

オメガバースはおそらく苦手だろうから読まない様にしてきたわたくしが・・・初オメガバースを読みました。

それは突然の出来事。

今回読んだコミックスに同時収録されておりました。Renta!さんの新着に掲載されててぽちり。内容紹介をよく読まずにポチったので「オメガバース作品含む」というのを見落としてました(;´・ω・)まぁいいっか。ドキドキでしたが読みましたよぉ。。。

暮田マキネ/還らずの夏/コミックス情報

コミックス

作者暮田マキネ
出版社・レーベル三交社/Charles Comics
発売日2016/4/25
満足度

内容紹介

注意ポイント

暮田マキネ/還らずの夏/の感想は以下より。ネタバレ要注意!

還らずの夏/感想

これねぇ・・・・切ないねこれは(;´・ω・)大どんでん返しくらった感じです。

そう思うとタイトルが深い。「還らず」なんです。あぁ~やられたぁ~!!!って思いました。

敷島くんがいいやつ過ぎて結末はこれでよかったのだと思いますが。。。

ちょっともやっとするんです(T^T)無理やり泣かそうったってそうはいきませんよ!!!←泣いた(笑)

だってかわいそうなの・・・。最後にあの涙と2人のカットを持ってくるのはダメよ・・・泣ける。

オメガバース設定について

海外のファンフィクション設定なのですね!前々からオメガバースがはやっているとは知っていましたがわたくしめは・・・苦手です(;´・ω・)

だがしかし・・・設定としては実に面白いですね。

血液型のようにわかるのかぁ・・・・。簡単に言うとαが一番いいのね(笑)そしてΩが妊娠可能。βが一般的。

ということはですよ???これってαとΩのストーリーが多いんじゃない?という疑問にたどり着く(笑)

βは一般的だからあんまり活躍なさそう~。

ならばですよ?わざわざβいらなくないですか?三角関係が面白いからこういうのは設定されるのでしょうが・・・βがかわいそう・・・というか案外βさんが一番幸せだったりするのかもしれませんが。

番設定は面白いけれど、できれば番解消は【Ω】のみができるという設定にした方が面白いと思いました。エリートくんのみが解消できるってあまり面白くない・・・。社会的地位が低いとされているΩのみが~のほうが盛り上がりそうだなぁ・・・とふと思いました。

地位的にはαは高いかもしれないけれど、αとΩが番になったときにのみΩの方が強くなるって面白くないですか?

不機嫌なつぼみ/咲き初めの焦燥

さて・・・それを踏まえての作品です。これがですね、αとΩの2人だけピシッと焦点があたってて思ったよりオメガバース・・・読みやすかったです。

オメガバースの作品としてはそう深くはないのでしょうがわたくしめにとってはこのくらいがちょうどいいですね💛

普通に2人がひかれあってくっついて・・・いいじゃないですか。こういう運命のようなストーリーならいくらでも読めそうです。αくんがΩくんにぞっこんというのも私には読みやすかったです。

これに関しては良かった!気に入りました(≧∇≦*)

いちばんしあわせ

この作品がですねぇ~歪んでいます。そしてちょっと良くわかりませんでした(;'∀')

伊智はすでに病気か何かを患っていたでオッケーでしょうか?そしてそれを知った結が一緒に逝ったと・・・。(?)

あとがきには知らなかった感じに書かれてたので余計にもやっとしちゃいましたネ。

短編だから仕方がないのですが、もう少しだけ長かったら面白かっただろうなぁと思います。

All things I know.

こちらも歪んでいましたねぇ~。。。。。最後の終わり方などちょっとぞくっとしてしまいました。

義親子ものも嫌いではないです。こういう設定はどこかで読んだ気がしないではないですが・・・何だったかしら?

それでもすごく流れが良かったですね。

作中の英語のモノローグがなんとも言えない味をだしていました。

終盤は英語と日本語のニュアンスがちょっと変えてあるのだそうですよ♪

参考

※ちなみにこの作品は続編が登場。単話配信されていましたが、現在はコミックスでも読めます。

ファザー・ファッカー

まとめ

ストーリーは短編集であるためあっさり感が否めません。が・・・短編でありながらしっかりとストーリーはあるなぁという印象です。

ただ・・・読後感は歪み系、悲恋系があるために良いとは言えず。

この1冊の中では一番オメガバースカプのストーリーが良かったです。

一番後味わるかったのが「いちばんしあわせ」です。2人は一緒に海に落ちて(心中みたいに)助かったのにまた心中です(;´・ω・)

でも・・・・察するに伊智はそう長くは生きられないからだだと思うので、伊智が死んでしまったら結も壊れちゃいそうだなぁと・・・。あとがきでも書かれていましたが・・

あちらの世界で幸せに暮らしてほしいなと思います。

満足度は、すっごく色々なジャンルといいますか・・・すごくいろんなものが読めたな~というのがあって4です!中には苦手な作品もあるでしょうし、もやっとくんもあるかもしれませんが、それでもこの1冊でこのレパートリーはすごいなと。

ということで敬意も表して4!!!

絵柄はもともと好きなのでね💛今度はおもいっきりハッピーな作品が読めたらいいなぁと思います。

ということで・・・感想でした。

おすすめいただいたオメガバースの健気なお話しがあったのでそれを読んでみよう~!

ちょっと初心者に優しいオメガバースなら読めそうな気がしました(n*´ω`*n)

電子書籍

コミックス

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

7月のオススメBL作品 ベスト3

【1位】マーキングオメガ/藤河るり

オメガバース/GUSHコミックス

雑誌連載中からとにかく大好きで読んでいた作品。オメガバースにもう一つ独自の設定を盛り込んで展開していきます。ストーリー-は王道で読みやすく、初心者さんも楽しめる1冊。

とにかくるり先生の絵がとても美しく艶っぽい。オメガバースにぴったり!!!!

【2位】なかないひばり/ミナヅキアキラ

切ない一途愛/HertZ&CRAFT
作家買いです。イァハーツで連載時も夢中で読んでいました。兄を事故で亡くしたひばり。兄の友人である清澄と一緒に住んでいるのですが、ひばりは以前から清澄を想っていて・・・切ない両方想いに胸がギュっとなる作品。

【3位】白藍のケモノ/かざみ幸

ファンタジーBL×ピュア/GUSHコミックス

こちらも雑誌連載時から大好きで読んでいた作品。シアがとってもかわいくて、そしてライエンとちょっとずつ近づいていく姿にキュン。ライエンとシアのBLはとってもピュア。もっともっと続きが読みたくなります。

  • この記事を書いた人

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースもお気に入り。

-コミックスの感想

© 2020 BLメモリー BL漫画感想ブログ Powered by AFFINGER5