BLメモリー BL漫画感想ブログ

おすすめBL漫画の感想を書いています。BLコミックスのネタバレがあるのでネタバレ不要な方はご注意ください。

BLを読むのにオススメ電子書籍サイト

Renta!


BLコミックスが豊富。バラ売り・単話売りも早い!

BookLive!


よく利用している電子書籍サイト。クーポンガチャで毎日割引クーポンGETして★

eBookJapan


まとめ買いにお得な電子書籍サイト

ひかりTV


ポイントバックがけっこうある。BLにチカラを入れてる気がする!

森嶋ペコ

【静寂の月 上下巻】森嶋ペコ/BL漫画感想 歪な三角関係が切なかった

投稿日:

森嶋ペコさん(作画)姉村アネムさん(原作)の静寂の月・上下巻を読みました。こちらは発売日に紙書籍で購入していたのですが読むのが遅くなりました。

結末だけちょこっと読んでハピエンだな~と思ってそのままにしてたんですよね。上巻から読んだらもうね・・・なんだこりゃ~~~~ですヨ。

なんという三角関係!四角関係にはなりきれてなかったけど、、、最後喬木が幹と幸せになってなかったら読み返せなかったと思う。。。

双子作品のなかでもけっこうな闇部分が映し出された作品だったのかな・・・と。

静寂の月 作品紹介

高校進学を機に育ての親の元を離れ、生家に戻った『浅岡幹』。多才で社交的な双子の弟・樹と常に比較され、根深い劣等感を抱えていたが、七つ年上の喬木一矢との出会いと恋とが、幹の世界を一変させた。喬木の愛情と優しさは幹の頑なな心を溶かし、やがて幹は盲目なまでに喬木への信頼を深めていく。幹にとってそれは、生まれて初めての、一生に一度の恋だった。
だが喬木の思惑は幹ではなく、かつて彼を手酷く振った少年、樹のかわりに同じ姿の幹を手に入れた今、喬木はまた樹にも急接近してゆき――? 
ゲス男×健気男子の歳の差ラブストーリー


感想は以下より。ネタバレ含みます。

静寂の月 感想(ネタバレ注意)

主な登場人物は、双子の幹・樹、そして幹の恋人である喬木です。

幹の友人である島崎も良い味だしているのですが、あくまで友人としてでそこからの進展はありません。

ですのでBL面で考えたらまさに三角関係です。

この関係がまさに・・歪な関係だったなぁと。。。

でも基本的に幹はいい子なんですよね.(樹も本当は素直でいい子なのかもしれませんが・・・なんとなく自己中心的な子のような気がしました)

ちなみに、喬木はクズです(笑)

クズだから本当はもっと苦しんで欲しかったですが、幹のかわいさに免じて・・という感じですね。

幹は・・・読んでると不憫に思えてくるんです。本来彼もモテるし勉強もできる子なんだろうけど、彼の片割れくんがこれまた天才でさらのモテる子だから普通より上でも下に見えてしまうという・・・。

だから幹があんなに卑屈になっていったのも弟の樹ができすぎ君だからだと思いました。

デキのいい弟がいて、何をしても勝てないと思うとやはり色々とやさぐれたりしますよね。

そして・・・たったひとり自分だけを見てくれると思ってた喬木もまた実は樹と関わりがあって・・・色々とおかしな方向へ進んでいきます。

これがね・・・切ないのよね。

切なすぎて、、、樹の行動もちょっとよくわからなかったり。

なぜ幹が笑ってくれるならって喬木と寝てしまうのか・・・そんなことをしてバレた時の方が幹が傷つくに決まってるのに。

喬木もなんだかなあ~ですよ。

幹には島崎が合っていると思ったのはワタクシだけでしょうか・・・・。

島崎いい子だったんですけどね。

幹がそれでも喬木しか考えられなかったんだから仕方が無いのですけど。

でも上下巻通して思ったのはすんなりと幸せにはしてくれなかったなあ~~~~って思いました。

ちょっと状況がよくなったかと思ったらまた違う問題が出てきたり。

だから最後の幹の涙はぐっとくるものがありました。

やっぱり幹が一番可愛かったです。

なんか・・・森嶋ペコさんの絵柄ってオメガバースとかで映えそうですよね。

発情期の時の顔とかお上手そうだなぁ~と思って読んでました。。。

絵柄はとても満足で、大好きな篠崎マイさんの感じに似ているのかな・・・ミステリアスな感じだけどかわいさも感じさせられる絵柄です。

ストーリーはちょっと三角関係とかそういうのが苦手な人には重いかも。

ちょっともやっとする部分もあるのでキュンキュンする作品が読みたい!と思いながら読むと・・・中盤はちょっとキツイかもしれません。

でもハピエンなので途中が切なくてもきっと読後は良かったね・・と思う作品だと思いますヨ。

気になった人は是非チェックしてみてください。

ストーリーのより詳しい感想はこちらに記載しています。(長めです(~_~;))

>>>>【静寂の月 上下巻】森嶋ペコ 姉村アネム(原作)/BL漫画感想『僕は僕でしかない』




ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

キャンペーン・無料で読めるBLコミックス情報

のお気に入りBLマンガ(電子配信)

【ドラッグレ・スセックス 辰見と戌井】エンゾウ

辰見と戌井
戌井の強引な押しに負けて付き合い始める二人だが… 前作【ドラッグレス・セックス】に読み切りで登場した辰見&戌井のその後を描いた待望のシリーズ続刊!! もうすっごく良かった!!!エロイけどストーリーもしっかりあって、フェロモン症っていう題材もうまく調理されててエロさのある純愛!みたいなのがとっても良かったです。 辰見の相手が戌井で本当に良かった(*^_^*)

【トワイライト】西本ろう

家にも学校にも居場所がなく、いつも一人で過ごしている高校生の陽平。そんな時、同級生でサッカー部エース・稜と出会い、二人は次第に惹かれ合うが…。 ある事がきっかけでいろいろと世界が変わってしまった二人。でも気持ちは一途でそこがとても感動しました。 西本ろうさんのデビュー作ということなのですが、ものすごくクオリティ高く読み手を満足させてくれる作品だと思います。

コヨーテ2 (座裏屋蘭丸)

コヨーテ2
君に出会った時から 僕は恋に狂っている コヨーテの発情期がきっかけで深く結ばれた2人だが、それを余所に人狼とマフィアの抗争が激化していく。 そして、ついに人狼達はマフィアの解体に動き出すが、コヨーテに再び発情期が訪れて――。 本当に切ない。ロミジュリ愛だけれどその先には希望の光があると信じて読み進めたいなと思うような作品。 絵柄・ストーリーとも文句なしの作品だと思います。

-森嶋ペコ
-, , , , , , ,

Copyright© BLメモリー BL漫画感想ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.