人気作家の市川けいの最新コミックのネタバレ感想です。BL初心者におすすめコミック


けっこう好きなんです。市川けいさんのコミック。なんだかんだで全巻読んでます。

市川けいさんの特徴は余白というか絵柄のみの部分がけっこう多様してあります。会話なしのぺーじもよくある。
表情の変化で読み取っていくのが面白いかな。
ほとんどBL初心者向きのコミックが多い気がします。初々しいカップルの話がけっこうあるし
エロは少なめですかね~。

こういうのも私は好きなのでライトな気持ちで読みたい人にはおすすめ!

ではではコミックの紹介です。


それを恋心と呼ぶのなら
紙書籍同時配信です!
<内容紹介>
入試で見かけた天使は、泰誠の超ドストライクの好みの顔。思わずふらふらと近づきその場でそのまま「好きです!」と告白。しかしなんとそいつは男だった!! 入学前からゲイ疑惑、入学したらそいつも入学していて犬猿の仲。でもやっぱり顔が好きで、ついついちょっかいをかけてしまう泰誠で……。

天使か悪魔か、ツンデレなんて可愛いモンじゃねえ! 口悪いモノ同士がけんかけんかでぶつかりあって最強コンビのハートが激震! 二人のその後の単行本描き下ろし有り!!

勝手に評価ですが
絵柄 ★★☆☆☆
ストーリー ★★★☆☆
エロ度 ★☆☆☆☆
です。
ではではネタバレありの感想レビューは追記から読んでくださいね!


出会いは主人公である古賀が皇城(すめらぎ)を天使だと思って一目惚れしたところから始まります。

天使かと思って目を奪われてから告白したのはなんと男の子!
同じ高校に通う皇城でしたが告白したことが噂になって女子からもホモだと好奇の目にさらされます。

古賀はおバカな純粋ボーイで俺はホモじゃねえ!!!と言いながら皇城を見るとなんだかんだで
ときめいちゃうかわいい男の子です。

ただねぇ・・・絵柄★★☆☆☆にしたのは皇城を天使!?と間違えるくらいなのに髪の毛が黒いというのはなぜに???
どっちかというと悪魔!?の印象になっちゃうんですけど。
髪の毛の色が反対の方がしっくりきたなぁと思いました。

市川けいさんの絵柄はけっこう特徴あるんですよね。登場人物の表情を楽しむコミックだと思います。

2年生のクラス替えにて
会えば言い合いばかりの2人。
2年せいでのクラス替えでは別々になりました。(1年生の時も別です)
ただ・・・古賀の友達が皇城と同じクラスになります。

その友達から気軽に喋ってやってと言われた皇城。
屋上で古賀に会うのですがちょこっと会話します。2人で話していたら古賀くん・・・急にチュッとしちゃうんですね。

自分のしてしまった行動に驚きの古賀。ダッシュで走り去ります。
そのことがあり避け始める皇城・・・。ショックの古賀はなんだかんだで立ち直れません。

皇城になぜ避けているのかと聞く古賀。

ホモとかじゃねぇと言っておきながらキスしてくるし、
反応が面白くてからかってただけじゃねぇのかという皇城に対して

本当に好きだったらいいのか?と聞く古賀。
そして再びちゅーします。

皇城は自分の顔が女の子みたいなのでけっこう小学生の時にいじめられてたみたいですね。
そういうのもトラウマだったのかな?
顔が好きだという人が苦手だったのかなぁなんて。

2度目のちゅーをしてしまってから古賀は学校を休んでしまいます。風邪のようですが。。。

そして学校から帰る途中に古賀の友人にばったりあう皇城。
今から古賀のお見舞いに行くという友人に無理矢理お見舞いに行かされます。しかも一人で。

古賀の家にお見舞いに行った皇城。
寝込んでいる古賀がバッと驚いで起き上がります。

そして「はっきりさせようぜ」という皇城。

何を・・・?と聞くとおまえが好きなのは俺の顔だけかどうかと皇城は言います。

おまえが好きなのは俺の顔だけで俺自身にそういう興味があるわけじゃないっていうのなら
キスのことも忘れてやる、なかったことにしてやる。と言います。

だけど古賀は
好きですけど と(笑)
俺はお前とどうにかなりたいと言います。

ちゃんと告白した古賀に対し・・・なんだかんだで信じられない皇城。
どうせ勘違いしているだけなんだよとこころの中で思っています。

だけど告白してきた日からなんとなくそっけない古賀。

そんな古賀を見てなんとなく寂しくなる皇城。

告白を間に受けず、浮かれなくてよかったと考えている自分に気がつきます。
浮かれるというのは喜ぶということなので、古賀の告白が嬉しかった自分に気がつくんですね。

だけどそれが認められずモヤモヤします。浮かれてなんかねぇ!と自分に言い聞かせてたりするのがかわいい。

そんな時に女子生徒と楽しく会話する古賀をみてモヤモヤMAXになってしまいます。

屋上にあがろうとするところで古賀が皇城?と声をかけます。
振り返った皇城はなんと涙が・・・。

どうした、なんかあったのか?心配する古賀に

おまえ・・・俺のこと好きだと抜かしてたくせに女子とすゲー仲いいし

おれからおまえ全然なんにもしてこないし 言ってこないし


と皇城。だけど古賀はそれは人前でそういう態度とったらおまえが嫌がると思ってと言いますが・・・

そんな皇城の態度や言葉に赤面する古賀。。。そして3度目のキス。。。

浮かれてない なんて
言い聞かせてる時点で きっと 終わってた


なんだかんだで古賀の気持ちが嬉しく、自分も古賀に惹かれていたことを認めた心情ですね。
皇城は古賀の気持ちを受け入れたとも受け取れるのできゃっとなりました。

しかも3度目のキスと書きましたけどね。。。キスする直前のカットです。
これがまたいい!!!ガッツリキスしている場面よりそそります。

第5話ではこのキスの続き。。。
ちゅーを何度かしているコマです。
そしておまえのことが好きだよという皇城ですが今度は古賀が信じてくれません(笑)

お互いの気持ちを確かめ合って・・・お互いのモノをしごき合います←表現悪くてすいません~

そしてくっついた2人ですが・・・

お友達はホモホモだとなんだかんだで応援していたはずなのに本気ではなかったようで(笑)
古賀が冗談で言ってたと思っているようです。

付き合ってるのにねぇ。

本気でホモになってたら若干キモイと言っていますが、2人が付き合ってるとしったらどんな反応するのかな。
きっとこのお友達たちなら受け入れそうですね~。

市川けいさんの構図は前記したように無言コマが多数あります。
だからけっこうすぐ読めちゃう。これが特徴でこういうのが好きな人もけっこういますよね。
無言で照れるようなコマがあったり。。。

スロースターターもそれが顕著にわかるんですがね。。。
スロースターターも好きだしその後の大学生編であるスロウデイズも好き。

ほのぼのとした中にしっかりと市川さんのBLの世界観があって読んでてほっこりとするというか。
エロ描写は少ないしあったとしてもエロって思うような感じではなくて結ばれてよかったねぇ~という感じです。

BL初心者とか過激なエロ描写が好きじゃない人にはかなりのおすすめ!

そして私が市川さんのなかで一番好きなのがブルースカイコンプレックスです。真面目くんと不良くん?のおはなし。
面白いので機会があったらぜひ読んでみてくださいね。

最初は好きになれなかった絵柄なのに最近は好きなんですよね。驚いた表情や赤面顔とか!
赤面する場面なんかは一緒に赤面しちゃいそうなくらい引き込まれます。

市川けいさんのそのほかの特におすすめな作品(Renta!掲載分)はこちらです
    
関連記事
Charaコミックスポイント50倍にUP!(eBookJapan)12/4まで。
 カテゴリ
 タグ
None