コミックスの感想

【玉の輿ご用意しました1】栗城偲 ・高緒拾-BLコミックス(ネタバレ注意)感想

キャラセレクションで連載中、栗城偲  (原作)&高緒拾 (作画)の【玉の輿ご用意しました1】BLコミックスの紹介です。雑誌で読んでいた作品のコミックスが出たので読んでみました!

こちらはお気に入り作品。小説のコミカライズなので我慢できず小説も一気に読了!思った以上に面白かったです。

なので、展開はわかっているのですが・・・漫画は漫画の楽しさがあるのでこの二人がどんな表情を見せるのかすごく楽しみです。今から2巻部分わくわくです★まだ続いている作品なのですが気になる人は是非!

【玉の輿ご用意しました1】作品紹介

コミックス版

作家栗城偲(原作) ・高緒拾(絵)
出版社/レーベル 徳間書店/キャラコミックス
発売日2020/3/25
満足度・オススメ度

内容紹介

内容

「金持ちの恋人役ってこんなに大変なの!?」負け組人生から一転、玉の輿街道まっしぐら!? 中学卒業後に一家離散し、当たり屋で生計を立てている青依(あおい)。けれどある日、高級車を狙って飛び出したら、故意だと見破られてしまった!! 電子は【電子限定版】描き下ろし番外編「大人様ランチ再び!」収録。

全体評価

ストーリー
胸キュン
切なさ
エロ

注意ポイント

感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。

【ネタバレ注意】【玉の輿ご用意しました1】感想

小説はあまり読まないほうなので、コミカライズと知っても雑誌の連載で十分!!と思ってたのですが・・・

先がきになりすぎて小説いっきに読んでしまいました(≧∇≦*)

小説ってこんなに読みやすいんだ!?って思うくらいサラサラ読めまして。今まで読んだBL小説は圧倒的にモノクローム・ロマンス文庫が多かったもので。。。

ページ数から違うので、あっというまに3まで読みました。番外編もあるのですが、番外編のみ未読です。

時間が出来たら読もうかな!?と思いながら・・・かれこれ数ヶ月・・・。これも読もう!って思った時に読まないと駄目ですね。

結局後で・・・ってなると忘れてしまいます(^_^;)

当たり屋が社長の恋人役に!?

二人の出会いは決していいものではなくて・・・むしろ最悪かもしれない。

だけど、そこから恋人役になりお互いを知っていくうちに好きになっていく、というのはまさに王道展開!

さらにはシンデレラストーリーとなっていて読みながらキュンキュンしてしまいます。

当たり屋で当たり役をしていた青依は、印南の車に当たるのですが・・・お金も取れないどころか仲間には逃げられ、そして印南にとある会議室へ連れていかれてしまう。

そこで、恋人に振られたばかりだという印南の恋人役に抜擢され・・・奇妙な同居生活が始まるというちょっと不思議な展開。

ひどい振られ方をしたらしい印南は、その元恋人を見返したいらしい。なんというか・・・身なりはしっかりしているし強面な感じなのに・・・

考え方が小学生か!と突っ込んでしまいそうになりました(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

自分は男だから恋人役にはなれないという青依ですが、印南はゲイだとあっさり告白。断るのも自由だというけれど、断ったら警察に突き出すといわんばかりの顔に・・・青依は仕方なく受け入れます。それに1日1万円という日給付き!!!

ずっとというわけではなく、期間限定の恋人役。

いつまでか・・・というととりあえずクリスマスまでだと言われます。クリスマス!?

ここを読んで・・・クリスマスにどうせ2人で盛り上がるのよねぇ!!?!?とゲスな考えが横切ったワタクシ・・・(-_-;)

でも1巻ではそのクリスマスまで描かれていないのでどうなるかは今後のお楽しみ♪ですね☆

初めてのことばかり!な青依

印南に次に連れていかれたのは、とあるマンション。青依が「ホテル?」と間違えるほどに立派なマンション。

印南は同居するつもりはなかったようなのですが、秘書の酒匂さんに同居を提案され一緒に住むことにします。

ここで初めて印南と青依の年齢が出てくるのですが、32歳と20歳という年の差!!!

この年の差だと・・・わんこ受になるか溺愛攻になるかですよねぇ~((ノェ`*)っ))タシタシ

ツンツンな印南なので、できれば溺愛攻になってほしいと思いませんか!?

ツンデレ攻でもいいですが。印南はどっちにいってもおぉ~やっぱり!?と思える感じなので・・・先が楽しみ。

といっても同居生活は楽しいはずもなく。

青依は学歴もなくヒモ生活を送っていた本当に底辺人生。

片や印南は身なりもよくコンセルジュ付きの高級マンションに住めるほどのハイスペック。

だから知ってる事だったりその人その人の常識だったりが全く違うの。

そのあたりの違いから最初は言い合いもする二人だけれど、ちょっとずつお互いの事を知ろうとしていく姿にキュンとなります。

人と人って生きてきた環境や見てきたものの違いで、考え方だったり色々な事が違うでしょ。

そんな人たちが出会って歩み寄ろうとする姿ってものすんごく読んでて面白いしドキドキする!!!

だってほら・・・そこからいい面も悪い面も知って結局大事な人になっていくから。

英才教育開始!

なんと!!!印南による青依の英才教育が始まります(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

お箸の持ち方から食べ方、マナー講座や英会話(ここは専門の講師がついてる)。これも印南の元カレを見返すため!?なのですが、こういった事でも二人の性格やら考え方、いろいろなものがぶつかって・・・結局はプラスになってる。

ヒモ時代は何もしない出来ないと言われてた青依ですが、印南の家では料理はしてるし掃除もしてる。。。

この変化はなんだろう!?って不思議なほどです。

これからどんどん成長していくのだろうなぁ~と思わずにはいられませんヨ。期待大!

案外。。。なんでもできるスーパー彼氏様になってたりして!?

印南の背景

青依は底辺人生だったと先に書いてたと思うのですが・・・印南はおぼっちゃま。

でも、そんな印南も苦労時代はあったようです。

コンビニアイスも大人になるまで食べたことがないという印南・・・。だから印南からみた常識レベルってだいぶ世間一般とは違うのだろうなぁって思いましたよ。

加えて・・・青依の常識レベルも多分世間一般とは多少違う。

だから二人がお互いを理解していくにはすごく時間も労力もいるのではないかなと感じました。

印南の幼馴染である酒匂さんは、実は同じ会社で働いてる人物なのですが・・・青依の事は気に入ってそうなのですよね。すごく優しい。

そんな酒匂さんから、印南の事を嫌わないでやって欲しいと言われた青依。

最初はすれた子なのかなと思っていたけど、この青依もまたいい子なのですよ。それは今後読んでるとよくわかると思います!

出来ないなりに一生懸命なので、前向きになります♪

それに・・・青依が自分の事を話したあとからちょっとずつ雰囲気も変わってくるので萌えは3話以降たくさんあります♡

青依が「行ってらっしゃい」と見送ったあとの印南の照れにはキャ~可愛い!!!ってなりました。

不器用ながら歩み寄ろうとする姿にキュン

最初はツンデレ感満載だった印南ですが・・・ツンデレというよりも人を理解するというのが苦手な人だったようです。

青依との同居生活の中で、印南も色々と初めてを経験していくのですが(いってらっしゃいだったりお子様ランチだったり!?)表情も柔らかくなって言動も変化が!

ほんとうに不器用なんだけれどそれが返って愛おしい~。

ちょっとずつ自分のことも話していく姿に・・・青依も信用されてきたのねと嬉しくなったものです(⌒∇⌒)

そして酒匂さんとの関係もここで教えてもらいます。

酒匂さんはかなり古くからの友人で苦労時代も一緒に頑張ってきた人物だそうです!だから印南は彼のことをすっごく信用してますよね!

重要書類だと思ったけど!?

朝バタバタと出かけていく印南と酒匂さん。重要会議があるようで・・・

家のテーブルは会議では使わない書類が散らかってます。片づけておいてと言われた青依がその書類を片付けようとすると・・・

居酒屋で印南から見せてもらった書類があるのに気づきます。

あの時印南は会議に使う資料と言ってたので、あわてて会社に届けようとするの。

どうしてたくさんの書類の中からそれがわかったのか。。。はここでは出てこないのですが、一瞬で見抜けたのには青依なりの理由が実はあります。

でもね・・・会社に届けにいっても印南は社長だからTシャツ姿の若い子は基本的に門前払いなのですよね。

受付の人も取り合ってくれず。

思わず大きな声を出してしまい、受付から報告を受けた酒匂さんが来てくれたはいいのですが・・・

会社で騒いだこと、そして青依が持ってきた書類はいらないと言って迷惑そうにされるという(´;ω;`)

印南に恥をかかせてしまったと落ち込む青依の姿にギュギュッとなってしまいましたよ・・・1巻終わりは本当に切ない終わり方なのでちょっと苦しいです。。。

2巻以降思いっきり浮上していくはずなので、早く2巻が出て欲しいです。

まとめ

絵も素敵だし、ストーリーもコミカライズということもあってかなりしっかりしています!

読んでて楽しい。

印南の背景、青依の背景を知ると・・・交わることのない世界で生きてた二人なのだろうなと思う。でもそんな二人が出会って、色々な事を共有していくうちにお互い今まで知らなかった幸福を感じているのでは?と思ってしまいます。

印南も青依も後半になると表情が柔らかくなってるのがイイ!!!

ラストの書類の件は。。。とりあえずは青依がせつなくて可哀そうなのですがちゃんと救済?というかいい方向へ進んでいくのでご安心を~♪

キャラセレ最新話で読んでしまいました((ノェ`*)っ))タシタシ

小説の方も読んでるので言いたいけど・・・いいたいけど今は我慢!!!おくちチャックします☆

ということで!まだまだ序盤ですが、とても面白いので興味のある人は是非!!!

電子書籍

コミックス版

こちらも原作あり

 

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

7月のオススメBL作品 ベスト3

【1位】マーキングオメガ/藤河るり

オメガバース/GUSHコミックス

雑誌連載中からとにかく大好きで読んでいた作品。オメガバースにもう一つ独自の設定を盛り込んで展開していきます。ストーリー-は王道で読みやすく、初心者さんも楽しめる1冊。

とにかくるり先生の絵がとても美しく艶っぽい。オメガバースにぴったり!!!!

【2位】なかないひばり/ミナヅキアキラ

切ない一途愛/HertZ&CRAFT
作家買いです。イァハーツで連載時も夢中で読んでいました。兄を事故で亡くしたひばり。兄の友人である清澄と一緒に住んでいるのですが、ひばりは以前から清澄を想っていて・・・切ない両方想いに胸がギュっとなる作品。

【3位】白藍のケモノ/かざみ幸

ファンタジーBL×ピュア/GUSHコミックス

こちらも雑誌連載時から大好きで読んでいた作品。シアがとってもかわいくて、そしてライエンとちょっとずつ近づいていく姿にキュン。ライエンとシアのBLはとってもピュア。もっともっと続きが読みたくなります。

  • この記事を書いた人

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースもお気に入り。

-コミックスの感想
-, , , , , , ,

© 2020 BLメモリー BL漫画感想ブログ Powered by AFFINGER5