コミックスの感想

束原さき【Powder Snow Melancholy】BLコミックス 感想(ネタバレ注意)

とにかく絵がイケメンな束原さきのBL漫画!パウダースノウメランコリーのネタバレ感想

これね、特にBLコミックとしたらありがちな展開だと思うし、ぐっとくるような見せ場があるかといえばないような感じなのですけど・・・なんかすきで何度も読んじゃう不思議なコミック。

なんせ絵が素晴らしくかっこいい。受も攻も!!!

これはイチオシですわ。

次回作とかはやくでないかなぁ~なんて思ってたら、これ続編が決定していたのですね。はやく2人のイチャラブがみたいです。

【Powder Snow Melancholy】作品紹介

パウダースノーメランコリー 竹書房 (2015/2/17)

ポイント

――お前、そんなに俺のことキライ? 大学のミスターコンテストがきっかけで知り合った梁井(やない)と成川(なりかわ)。性格も含めて2.5枚目の梁井にとって、正統派イケメンの成川は天敵そのもの。お目当ての女の子はいつも成川になびいてしまう。あからさまに成川を避けていた梁井だったが、ナンパ目的で参加したスノーボード合宿で、成川と急接近するアクシデントが発生してしまい…。

評価

評価項目評価・★
絵柄★★★★★
ストーリー★★★★☆
エロ★★☆☆☆
独自性★★★☆☆
4 満足度

とにかくおすすめな点は美しい作画。

【ネタバレ注意】感想レビュー

まずは登場人物から

受の梁井(やない)と攻の成川。成川はスノボでも有名でイケメン男子。

梁井はそんな成川が苦手。でも、スノボを通じて若干仲良くなる2人です。

苦手だったのに二人の距離が一気に近づいたのは、スノーボードをしに行ったのがきっかけ。

梁井が暴走してしまい、崖から落ちそうになったところを成川が助けてくれるの。でもそれで成川は腕に怪我をしてしまいます。

責任を感じた梁井があれこれ世話をするのですが、成川は下のお世話も頼んでくるという・・・(笑)

といっても成川が梁井のを世話してやっているというほうが正しいのかも。

ここでは合体!とまでは行かなくて合体したのはその後の温泉。気持ちが向き合うまえに身体の関係を持った二人なのですよね。

この辺りは好き嫌いがもしかしたら分かれてしまうかもしれません。

苦手な成川だったけれど・・・

梁井が成川のこと苦手だと思うのには理由があったんですね。梁井の参加する合コンにイケメンの成川が決まって参加するのでお目当ての子がいつも成川に奪われてしまうの。

嫉妬もあったんだと思います。

成川はというと・・・・実は梁井に近づきたくて合コンに参加していたんです。成川の方は梁井にゾッコン。

成川の黒髪のあのクールな目。たまりません。ズキュンときます。ストーリーとしてはサラサラ読めちゃうのですが、やっぱり絵が素敵。

2人の出会いはミスターコンテスト。

人数が足りないところを、成川が助けたんですね。成川は梁井の頼みだからきたってとこでしょうか。

だけど、ミスコンの子に好意を寄せてた梁井は、その子が成川のこと気に入ったので傷ついちゃうわけです。そっから成川を避けるように。そんな経緯があったわけですね!

まぁスノボを通じて若干仲良くなったのですが、逆に仲良くなりすぎて戸惑う梁井。成川の気持ちを知ってしまい動揺します。

3年以上も思いを寄せてきたことがわかって、なんだかんだで冷たくしても気になる梁井。

成川は真面目に梁井が好きだと言います。

だから梁井は真面目に考えて「お試し期間」で付き合うことに。

お試し期間でお話が終わったのでどうなるの?って気になってたら続編がするんですって!楽しみ。

内容的にはBL初心者さんも安心して読める内容だと思います(*^_^*)

ライトな感じですね!

今回、一番好きだと思ったエピは成川目線のLigering Snow melancholy。

成川はとことん梁井のお気に入りを潰してきたんですね~。梁井が好きだから。だけどそれが梁井にとっては成川は苦手!と思う要素になってしまってます。

このエピで成川は梁井とまた話したくて合コンに参加します。その時に梁井からミスコンのDVDを受け取るの。

そのDVDを見ながら。。。梁井のシーンで反応する息子(笑)もうミスコンでてからずっと梁井のこと考えているようです。

急に態度がよそよそしくなったのも気に入らなかったというのもあるでしょうけど。そしてなぜ避けられるのか分からずに梁井に近づきたくて合コンに参加してしまうわけです。

DVD見ながら俺がなにしたっていうんだよって思ってますからね。

仕方ないよね。かっこいいから女の子からやってきちゃうんだもん。DVDを見ながら反応した息子ちゃんに成川本人もびっくり。

それから狂い始めたらしい・・・。

そしてある日の合コンで酔っ払った梁井がいました。トイレから出てこない梁井。成川が中に入ると寝てました(^_^;)

そんな梁井をみながら自分でしてしまうんですね。

それからは空回りして余計に避けられちゃうようになってしまうのですけども。(合コンの邪魔しちゃうから)

今回の冒頭で描かれてたスノボは、その後のお話。

成川嬉しかっただろうなぁ(*^_^*)

早くお試しから昇格するといいですね!

感想まとめ

この束原さんの作品を探してみたのだけれど、単行本ではこれが初刊のようでして・・・

雑誌で読み切りがあったのでそれを購入して読みました。

これが自分の中では超HIT!雑誌のストーリーのほうが好きです✩

束原さきさん、絶対売れるだろうなぁ・・・。注目の作家さんです。

電子書籍

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

7月のオススメBL作品 ベスト3

【1位】マーキングオメガ/藤河るり

オメガバース/GUSHコミックス

雑誌連載中からとにかく大好きで読んでいた作品。オメガバースにもう一つ独自の設定を盛り込んで展開していきます。ストーリー-は王道で読みやすく、初心者さんも楽しめる1冊。

とにかくるり先生の絵がとても美しく艶っぽい。オメガバースにぴったり!!!!

【2位】なかないひばり/ミナヅキアキラ

切ない一途愛/HertZ&CRAFT
作家買いです。イァハーツで連載時も夢中で読んでいました。兄を事故で亡くしたひばり。兄の友人である清澄と一緒に住んでいるのですが、ひばりは以前から清澄を想っていて・・・切ない両方想いに胸がギュっとなる作品。

【3位】白藍のケモノ/かざみ幸

ファンタジーBL×ピュア/GUSHコミックス

こちらも雑誌連載時から大好きで読んでいた作品。シアがとってもかわいくて、そしてライエンとちょっとずつ近づいていく姿にキュン。ライエンとシアのBLはとってもピュア。もっともっと続きが読みたくなります。

  • この記事を書いた人

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースもお気に入り。

-コミックスの感想
-, , , , ,

© 2020 BLメモリー BL漫画感想ブログ Powered by AFFINGER5