BLメモリー BL漫画感想ブログ

おすすめBL漫画の感想を書いています。BLコミックスのネタバレがあるのでネタバレ不要な方はご注意ください。

BLを読むのにオススメ電子書籍サイト

Renta!


BLコミックスが豊富。バラ売り・単話売りも早い!

BookLive!


よく利用している電子書籍サイト。クーポンガチャで毎日割引クーポンGETして★

eBookJapan


まとめ買いにお得な電子書籍サイト

ひかりTV


ポイントバックがけっこうある。BLにチカラを入れてる気がする!

Cannaアンソロジー

オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.49の雑誌全体の感想

投稿日:2016年8月31日 更新日:

表紙はだら「にいちゃん」久々登場!雑誌は薄さが気になった今号


またまた雑誌の感想をUPし忘れるところでした。今回は真っ赤な表紙が印象的。そしてはらだ先生の「にいちゃん」が相変わらず病んでてコワイヨォ・・・・・・。個人的にはかなりショートだったのですが三田織さんの作品がなぜか印象深かったです。

Canna Vol.49の雑誌情報


オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.49 (オリジナルボーイズラブアンソロジー Canna)オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.49


表紙:はらだ/プランタン出版 (2016/8/22) 309Pくらい。



11作家 はらださん登場
最終回2本 新連載1本

コスパ悪い 1作品ごとのP数はあり


雑誌の電子書籍配信情報


電子配信は今Vol.48まで配信中。Vol.49が配信されたらまたお知らせします。


ひかりTV、BookLive!は配信されてないっぽいです。(もし配信されてたら教えてください!)

オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.49配信開始!



Canna Vol.49のラインナップ




■巻頭カラー:雪路凹子
■雪路凹子「背後にメガネ」
■はらだ「にいちゃん」
■高津「おかえりオーレオール」
■笑平「ダッチの胃は宇宙」
■会川フゥ「再来年デートしましょうね」
■カサイウカ「ごめんね、おじさん!!」
■ymz「ハッピーバースデー」
■三田 織「彗星」
■ウノハナ「石橋防衛隊(個人)」
■青井 秋「百草の裏庭」
■元ハルヒラ「虎穴ダイニング」




雑誌全体の感想は以下より。ざっくりとした感想ですがネタバレ注意でお願いします。




雪路凹子 背後にメガネ 最終回


第6話で最終回でした。すいません、実は絵柄が苦手で雪路さんの作品はじっくり読んだことがなかったんです(;´・ω・)食わず嫌いなのですヨ。なんとなくホラーっぽい絵柄で敬遠していましたがよく見ると綺麗な作画ですね。ちょっと暗い印象は否めませんが、目も丁寧に描かれているなぁと思いました。

気になるストーリーは・・・ほんっとうにごめんなさい、過去のストーリーが全く頭に入っていませんが、お互いの気持ちを確かめあってとても良い結末でしたヨ。コミックスになったら読んでみようと思います。
ちなみに、Vol.44からスタートしているので読み返してみようと思います。面白かったらまた記事に書きますね!

はらだ にいちゃん 第3話


こちらはVol.34,37から第3話目。前回から2年あきだそうです(;´・ω・)。。。内容忘れちゃったけれど、今回の第3話も相変わらず病んでてエロかった・・・。大半エロ。椅子にプラグ固定してて「立って」「座って」って命令するにいちゃんはかなりの鬼畜。

冷たい目がすごく不気味。こういう雰囲気は本当にお上手です。「憎しみの目」・・・なんだか怖いなぁと思ったのは絵柄からもそれがよく表現されているからなのかもしれません。酷いことされても何されてもにいちゃんの事が好きだと思う主人公がね・・・健気なのですがこちらもちょっと病んでいます。

今回はそのにいちゃんの名前がわかりましたね「景」でした。名前を知って気分が高揚する主人公がまたね・・・・こういうところどころにある表情の変化とかはらださんはうまいですね。あまり歪みものは読まなくて、こちらのストーリーもコミックスで通して読むかと言われたら読むかわかりませんが、はらださんの独特な世界観は本当に素晴らしいし、読み手を引き付けるストーリー展開だと思います。

主人公は女の子を付き合えば周りが求めるように「ふつう」になれるのかと考えるけれど、それでもにいちゃんが好きだと感じます。自分の中にどこか歪みがあるのも気が付いているのでしょうね。今回は同級生に告白されたのですが、彼女と付き合う事にした主人公。でもこれがどう出るのかちょっとよくわかりませんね。

「付き合ってみたらふつうが一番だって実感するかも」というにいちゃんの言葉に「証明するから」という主人公・・・だから女の子と付き合う事で何かを証明したいのかな???う~ん・・・おそらくこのストーリーは1話、1話をとびとびで読んでもよくわからないのかもしれませんね。コミックスになるのももう少し時間かかりそうです。

高津 おかえりオーレオール 第2話


前回読んで面白いなと思った作品。絵柄は好みではないものの・・・ストーリーはすっごく幼なじみに恋した男の子の葛藤や揺れ、嫌悪が表現されてて面白かった。彼女ができて浮かれているモトに今回はとうとう我慢しきれずに手を出してしまったカズ・・・。もちろん拒絶されていまいますよね。これからどうなるでしょうか。

カズの家庭はちょっと離婚秒読みっぽいですし、転校とかそんな感じでストーリーが一気に動くのでしょうか?気になるところです。次回もお名前あったので楽しみです。今回は42Pというボリュームで読み応えありました!!!

会川フゥ 再来年デートしましょうね 最終回


辰と兎ちゃんもとうとう最終回ですか・・・・。虎次さんのことが好きなんですがに続く十二支たちのストーリーですよね(n*´ω`*n)このコミックスの冒頭に辰兄と兎三の原型?ともなるようなストーリーが入っていますので興味ある人はぜひ!

辰兄と結ばれた兎ちゃん💛すっごくほのぼのいい感じに終わりましたね。次は・・・牛と鳥でお願いします(笑)ちょっとここの2人も気になってたんですよね・・・。

カサイウカ ごめんね、おじさん! 新連載


いやぁ・・・ほんとこれ面白いです。ちょっとコミカル要素強いですが、なんといってもキャラがすっごくいい!おじさんフェチの主人公が一目ぼれしたおじさん鉄晴・・・すごく面白い!

この2人きっとドタバタするでしょうがすごく楽しみです♪

三田織 彗星 


これは次回から始まる三田織さんの新連載のプロローグなのでしょうか?プロローグだったらいいなぁと思って読みました。短いですがすっごく印象に残った作品です。

アイドルの子と普通の高校生・・・。好きだから別れた2人。

大人になってTVでは人気俳優になった子が昔の恋バナをしていました。それをどこかの食堂で見ているリーマン・・・。すこしだけ笑みを浮かべて去っていくというストーリーでした。たった10ページなのにすっごく心に残りましたね。

ぜひ再会して2人の恋が成就してほしいなぁ・・なんて。「次回から新しいお話」って書いてあったので望み薄いかな・・・。

ウノハナ 石橋防衛隊(個人)第6話


こちらは個別で感想UPしています。

感想はこちら。(ネタバレ注意)



ということで今回はこんな感じで。。。すいません、虎穴ダイニングは最初の方読んでいないのでちょっと話が分からななくて。

次号は表紙・元ハルヒラさん、巻頭カラー 黒岩チハヤさん。Vol.50ということで記念号のようですよ!

上田アキさん、青山十三さん、朝田ねむいさん、絵津鼓さん、桂小町さん、小松さん、里つばめさん、ハジさんなどなど・・・すんごい豪華執筆陣です。

そして次号は「ひだまりが聴こえる」の続編開始号!!!楽しみにしています。ということでちょこっとすぎる感想で申し訳ないですがこんな感じでした。。。

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

キャンペーン・無料で読めるBLコミックス情報

のお気に入りBLマンガ(電子配信)

【ドラッグレ・スセックス 辰見と戌井】エンゾウ

辰見と戌井
戌井の強引な押しに負けて付き合い始める二人だが… 前作【ドラッグレス・セックス】に読み切りで登場した辰見&戌井のその後を描いた待望のシリーズ続刊!! もうすっごく良かった!!!エロイけどストーリーもしっかりあって、フェロモン症っていう題材もうまく調理されててエロさのある純愛!みたいなのがとっても良かったです。 辰見の相手が戌井で本当に良かった(*^_^*)

【トワイライト】西本ろう

家にも学校にも居場所がなく、いつも一人で過ごしている高校生の陽平。そんな時、同級生でサッカー部エース・稜と出会い、二人は次第に惹かれ合うが…。 ある事がきっかけでいろいろと世界が変わってしまった二人。でも気持ちは一途でそこがとても感動しました。 西本ろうさんのデビュー作ということなのですが、ものすごくクオリティ高く読み手を満足させてくれる作品だと思います。

コヨーテ2 (座裏屋蘭丸)

コヨーテ2
君に出会った時から 僕は恋に狂っている コヨーテの発情期がきっかけで深く結ばれた2人だが、それを余所に人狼とマフィアの抗争が激化していく。 そして、ついに人狼達はマフィアの解体に動き出すが、コヨーテに再び発情期が訪れて――。 本当に切ない。ロミジュリ愛だけれどその先には希望の光があると信じて読み進めたいなと思うような作品。 絵柄・ストーリーとも文句なしの作品だと思います。

-Cannaアンソロジー

Copyright© BLメモリー BL漫画感想ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.