コミックスの感想

【媚の凶刃~Xside~】18禁版と修正版の違いはどんな感じ?/読み比べてみた感想【BLコミックス】

18禁版とデジタル修正版があったらどっちがオススメ!?

※この記事は2017年1月27日に更新した記事をリライトして再更新しています。

【媚の凶刃~Xside~】はデジタル修正版と18禁版の2つあるって知ってました!?。

ワタクシ、以前18禁版も電子書籍で読みましたが、気になって修正版も読みました。はっきり言いましょう、個人的には18禁版推しです。

修正版の方は、629円(税抜き)だから18禁版の750円(税抜き)するものに比べたらちょっとお安い。でもやっぱりねぇ・・・。

ストーリーを楽しむだけなら修正版で楽しめるけどやっぱり!というのを伝えたいです。

【媚の凶刃~Xside~】18禁版と修正版の紹介

【全年齢対応】
【18禁版】

内容紹介

若頭・加賦への常軌を逸した執着を持てあまし自慰にふける韮沢。「何もいらない。貴方の側にいられるだけでいい…」そんな可愛い事ばかり言う韮沢を、大切に思い始めてしまった自分を戒めるべく、独立話を持ちかける加賦。すがりつく韮沢を切り捨てるように冷たく言い放つ。「しゃぶれ。これっきりだ」餞別代りの濃密なsexが始まる…!! 大人気「媚シリーズ」番外編集に、「≠(ノットイコール)」単行本未収録作品、傑作短編を加えて待望のコミックス化

18禁版のX sideと内容に相違はなし。同じもので修正が入っています。個人的には18歳以上ならぜひ18禁版がはやりオススメ。

注意ポイント

以下【媚の凶刃~Xside~】の18禁版、コミックス版の感想です。

感想

修正版の方は、思った以上にガッツリ修正が入っていました(´;ω;`)ウゥゥ

逆にいえば、修正版がみごとな白抜きになったことで、18禁版のすごさが際立つと思います(〃▽〃)

今回ワタクシ・・・修正版の中でも違うのかな!?と思ってRenta!eBookJapanさんも購入してみましたが・・・どちらも同じものでした。

どちらもこれでもかってほどの白抜き。ということはコミックスが白抜きになっているんでしょうね。

18禁版だと加賦さんとの絡みなんかはトーン付けされたご立派な韮沢のT子が拝めるのでものすっごくエロさが加わります。

こうやって見比べてみると、修正がどのように入るかによってエロ度が変わってくるんだなぁ~と実感。今まで特に修正など気にしたことはなかったのですが、池さんの場合すごく丁寧にT子描かれているのでやっぱりすごいです(笑)

それに結合してる部分がね・・・描写があるのと白抜きになっているのとではずいぶんと違うもんだなぁと感心してしまいました。

個人的に18禁版でのイチオシ場面はですね・・・加賦さんが韮沢のアナをなめなめするところです。修正版の方では白くなっていますが、18禁版の方はくっきり描かれていますね。

とにかくエロさを重視するならば、ぜひ!!!18禁版を読んでみてほしいと思います☆

ただし!18歳以上ですヨ💛

ポイント

そして最大の違いといえば・・・18禁だとカラー絵ですごい描写を読むことができたのですが、それがコミックス版だとモノクロになってしかもくっきり白抜きでしたので・・・18禁版を読んだことがある人はかなりの物足りなさを残すかと思います。

ですが、ストーリー自体は変わらないので、ストーリーに関しては萌えがいっぱいあります。なので本当に白抜きでも全然大丈夫という人は今回の新刊でもオススメですヨ。

加賦さんの韮沢愛がね・・・・きゃ~(n*´ω`*n)ってなります。この韮沢の重い愛にこたえれるのも加賦さんだけなんですよね・・・とむふふ💛となりながら読みました。

ワタクシとしたら18禁版を前に読んでいるので、こちらを読んだ後にまた18禁版を読み・・・これほどすごかったのか・・・と改めて修正少な目というすごさを実感しました。あとはやっぱり繰り返しになるのですがカラー絵がすごいです。

色がトーンから肌色になるとこんなにもすごくなるのね・・・と思いました(笑)

媚の凶刃のファンの人でしたら、どちらを読むにせよ・・・甘々な2人が読めてとっても満足できると思います。

そして・・・今やっているSMOKEでどうして加賦さんがコウキの名前が出た途端に嫌~な空気になるのかがここでわかります。ぜひ気になる人は読んでみてください。

ちなみに、18禁版の方の感想はこちらに書いています。

ストーリー上は変更ないので、併せてこちらの記事も読んでみてください♪

18禁【媚の凶刃~X side~】池玲文/BLコミックス感想。電子書籍限定です。

電子書籍

修正版

18禁版

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

7月のオススメBL作品 ベスト3

【1位】マーキングオメガ/藤河るり

オメガバース/GUSHコミックス

雑誌連載中からとにかく大好きで読んでいた作品。オメガバースにもう一つ独自の設定を盛り込んで展開していきます。ストーリー-は王道で読みやすく、初心者さんも楽しめる1冊。

とにかくるり先生の絵がとても美しく艶っぽい。オメガバースにぴったり!!!!

【2位】なかないひばり/ミナヅキアキラ

切ない一途愛/HertZ&CRAFT
作家買いです。イァハーツで連載時も夢中で読んでいました。兄を事故で亡くしたひばり。兄の友人である清澄と一緒に住んでいるのですが、ひばりは以前から清澄を想っていて・・・切ない両方想いに胸がギュっとなる作品。

【3位】白藍のケモノ/かざみ幸

ファンタジーBL×ピュア/GUSHコミックス

こちらも雑誌連載時から大好きで読んでいた作品。シアがとってもかわいくて、そしてライエンとちょっとずつ近づいていく姿にキュン。ライエンとシアのBLはとってもピュア。もっともっと続きが読みたくなります。

  • この記事を書いた人

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースもお気に入り。

-コミックスの感想
-, , , , , , , ,

© 2020 BLメモリー BL漫画感想ブログ Powered by AFFINGER5