コミックスの感想

【狂い鳴くのは僕の番:β 2巻】コミックス発売/電子配信も開始!-楔ケリ

2019年3月4日

楔ケリさんの【狂い鳴くのは僕の番:β 2巻】の発売&電子配信が始まりました。

この作品はずっとバラで連載を追っていて、この2巻は・・・本編はすごく重いし暗い。だからまだ2巻は読めてません(T^T)

ただ!落ちるところまで落ちたかな・・・という印象ですのでこれからはあがっていって欲しいなという気持ちでいます。

どんなに今が辛くても、ラストはハピエンで終って欲しい。

それは私の望む形のハピエンではないかもしれない。

だけど、鵜藤が笑ってくれてたらなぁ~なんて思ったりもします★

狂い鳴くのは僕の番:β2巻 作品紹介

内容紹介

愛は罪と遠ざけるβ×恋を屠ったΩ――俊傑・楔ケリが描く凄艶のオメガバース 待望の続刊! 烏丸の代替として会社の上層部から枕営業を強要され、雀部は徐々に体も心も壊れてゆく。 抑制剤が効かない肉体に変化していく絶望。 「信じている」と告げた鵜藤を裏切っている失望。 鵜藤を想いながらも"Ωの苦しみから逃れたい"と苛まれる中、彼を案じる取引先の社長であり恩人・白取と偶然再会し…。 一方、かつて烏丸を守れなかった後悔から"βにΩは救えない"と雀部に踏み込めない鵜藤。 その優しさは罪深いものだと、知っていたのなら――。
【満足度】

注意ポイント

感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。

【ネタバレあり】狂い鳴くのは僕の番:β2巻 感想レビュー

う~ん・・・この感想ってかなり難しい。切ない展開も楽しめる人なら評価はいいでしょうし、ズンと重くなるのが苦手な人ならちょっと苦手なパターン。 個人的には苦手です。 あんまりだ。と。

でも雀部の体質を考えたらある程度は予測できる展開でもありはするのですけど・・・ やっぱりそれ以外の抜け道があったらよかったなぁってすごく思ってしまいました。

これって誰か幸せになるんだろうか? α×Ωになったらあれれβは!?てなりますし、β×Ωは?って言われたらαが(T^T)ってなりますし。

独自の設定でも出てきたらいいのですけどね。

そういえば!マガビーだったか新しい設定を見かけたんですよね。 噛まれて番になったはずのα(当て馬)×Ω。 でも最終話では結局番にはならなかったの。この歯痕が消える場合があるという。 それは「運命の番」に出会った時。

そういうのもロマンティックで目をひく設定でしたが・・・今回はβなんですよね・・・ 鵜藤と雀部が結ばれる可能性ってどうしたら生まれるんだろう。

今回ネックになるのがこのオメガバースでみどころになる「番」。

βって番になれないというのがなんとも悲しい設定ではありますよね。

αとΩでのみの番システム。 今回、雀部の体質もあったり会社内での出来事があったりで精神的にも疲れ果ててしまったと思うのですが・・・ 雀部がぁぁぁ(T^T) ってな感じになります。

仕方ないのか・・・私はそうは思わないけどもうなってしまったものは仕方ない。

雀部が白取さんと番になってしまうというすごい展開を迎える2巻。

鵜藤はというと・・・もうね何もかもタイミングが!!!なんですよ。鵜藤は雀部に対する想いをはっきり自覚したはいいけれど。。。 いいけどもうその頃には番が。 どうこれから展開していくのだろう?とドキドキします。

白取さんの行動がキー

今後は多分、白取さんの考えだったり行動がキーになってくると思います。

というのも、番って解消はできるけれどそれはαからじゃないとできないというのがあるんですよね。

でも解消されたΩはずっと苦しむと。 いやぁ・・・これ本当にハピエンになるのだろうか?って思ってしまいますよね。

白取さんが雀部に本気にならずに、鵜藤×雀部を応援するという形にならないと難しいかなぁと。 でも最終話を見てたら白取さんは雀部を理解しようとしてくれてるし、歩み寄ろうとしてくれてるんですよね。

白取さんに感情移入しちゃったらこの作品はなかなかまっすぐ読めない気がします。 これはもう鵜藤×雀部のお話!って割り切って読まないと・・・・。 どうやら次巻でまとまるみたいですが、どうまとめてくるのか本当に気になるしドキドキするけど楽しみでもあります。

3巻を予想する

ここまで引っ張っておいて鵜藤×雀部じゃないなんてことはないと思います。

なんせタイトルも【狂い鳴くのは僕の番:β】ですから。

個人的にはもう白取×雀部でもいいんじゃないかな~なんて思ってしまいましたが、それでもやはり鵜藤×雀部なのだと思います。

予想は②パターンで考えてみました。 ①白取さんが鵜藤に雀部を託す。 これは番解消しないパターンです。 丁度ロマンティック上等のようなパターンかなと。

ロマンティックのようにクズαではないですが。 番解消しないまま、β×Ωになるという可能性があるかなと。

一応、割り切って白取さんは雀部を番にしたと思うので・・・・雀部が本当に想っているのは鵜藤で鵜藤も雀部が好きだと知ったら、白取さんなら託しそうって思いました。

意外にこの可能性が高い気がしました。 ただこれだと。。。番以外との好意はΩにすごいショック症状が出るようなので・・・どうなのでしょうね。

なかなか円満な感じで終るのではなくて誰もが少しずつ痛みを抱えながら生きてく感じになるのかも。

②覚悟の上で番解消 きっぱり番解消するパターン。 これは・・・可能性は低い気がします。(個人的に) というのももともと番になったのが雀部の体質だったりおかれた状況だったりするわけです。

番になった経緯が経緯だからなかなか簡単に「解消」ってしないかなぁと思ったり。 どうなんでしょうね。

狂僕に対してコレは言いたい!

鵜藤が追っかけるパターンは嫌(笑) 雀部の行動見てたら、その後に鵜藤が追っかけるとかなんかモヤっとしてしまいます。

雀部がもう少し考えて苦しんで、そこで鵜藤と一緒にいるという選択をして・・・鵜藤をおっかけてほしい。

投げやりな、諦めた感じの雀部が気に入らないのですよ、 だから鵜藤→雀部じゃなくて、雀部→鵜藤にならないかな~って。

でも読者の多くは鵜藤が頑張る姿の方が萌えるのかもしれないですね。 何はともあれ・・・早くイイ展開になりますように。 ということで簡単な感想でした。 バラは次いつ配信でしょうね・。。

今までの感想はこちら

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

バラ→コミックス版のオススメ!

【いつか恋になるまで 上下巻】倉橋トモ

いつか恋になるまで
最高に胸キュンいっぱいの幼なじみBL! 兄弟同然に育った千秋と和馬がそれを覚えたのは、中学3年のこと。自慰に耽る千秋に気づいた和馬がもちかけたのが最初で、遊びの延長みたいなものだった。少なくとも和馬にとっては。
【推しアピール】 幼なじみBLの中でもすごく印象深いこの作品。大人のふたりが描かれた作品が最初に出ているので過去編かぁと思いながら読み始めましたが、思った以上に面白かった。併せてふたりのその後【家族になろうよ】もぜひ読んで欲しい。

【恋をするつもりはなかった】鈴丸みんた

恋をするつもりはなかった
イケメン大学生×恋を知らないゲイの会社員が紡ぐ不器用で幸せなラブストーリー ちょっと大人な雰囲気の超ピュア系BL!すごく面白かった。この作品は何度も何度も読み返しました。やっぱり純愛一途系最高だなぁと思った作品でもあります。遊び人が変化するのって読んでて楽しい。。。

【烏ヶ丘Don’t be shy!!】夕倉アキ

烏ヶ丘Don’t be shy!!
カチコミ!防犯チームのリーダー同士のツンデレ胸キュンBL!出原想は、ライバルチーム「烏会」の代表で犬猿の仲の榛馬鉄二に恋していることに気づいてしまい…!?
【推しアピール】とにかく絵が綺麗!綺麗だから余計に胸キュンが楽しめる作品。犬猿の仲かと思ったら好きで意識しすぎて。。。というのもとても可愛いのでぜひ!今は続編の【烏ヶ丘Don’t be shy!!2】が連載してます。

-コミックスの感想
-, , , ,

Copyright© BLメモリー BL漫画感想ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.