おすすめBL漫画の感想を書いています。BLコミックスのネタバレがあるのでネタバレ不要な方はご注意ください。

BLメモリー BL漫画感想ブログ

カテゴリー

楔ケリ

『狂い鳴くのは僕の番 ;β』 2巻のストーリー(第6話・7話・8話・9話)オメガバース・バラ売りBL漫画感想

投稿日:2018年11月26日 更新日:

狂い鳴くのは僕の番 ;β2巻の感想になります。バラ配信で読んでいるので配信されるごとに感想を追記していきます。

2巻部分はあまりいい展開ではないというのは書いておきます。ダラダラと鬱展開は嫌だなぁ~って思いながら読みました。 はやく萌えを・・お願いしたいです★

最新刊は9巻(Renta!先行配信)

鵜藤×雀部2人の直接的な絡みもなかったし、えぇぇ!?って驚いたのと、そっち頼っちゃうの( ノД`)って個人的にはショックな展開でした。 白取さんはちゃんと拗れちゃってる雀部をなんとかしてくれるのでしょうか。

でもそれは鵜藤の役目な気がするからこれからの展開から目が離せないです。

いや、これは完全に切ないの大好きな人向けですね。切ないとかモヤモヤはあまり好きではないので今の展開は正直しんどいです(T^T)

狂い鳴くのは僕の番 ;β 作品紹介

注意ポイント

感想は以下より。ネタバレ含みます。

6巻の感想

6巻は、前回感想を書いているのでそちらを参考にしてください(⌒∇⌒)

7巻の感想

今回は47Pで3チケでした。3チケ・・・。なかなか47Pで3チケっていうのも珍しくないですか!?

さて、感想ですが・・・えぇぇぇぇぇ・・・・(´;ω;`)です。本当に。

この流れは個人的には好きじゃない。

雀部だけは烏丸みたいな感じにはなってほしくないなって思ったけど・・・この後半はあの部長にいいように使われてしまったか( ノД`) って思う場面がありました。

悲しい。。。 最初は違う子かなって思ったけど、ネクタイが雀部のものだったし一気に興ざめ。

これはちょっとこの先怖いって思ってしまいました。

鵜藤に連絡しようとしている(できなかった)カットもあって本当に切なすぎました。

あの上司・・大嫌いです。烏丸と一緒にアイツを蹴落としてくれないかしら。

人よりもフェロモン抑制剤が効かないっていうのもあるけど・・・ 白取さんとのストーリーならなんとなく安心感もあるのですが、鵜藤×雀部だとどんな風に落としどころを見つけるのかがイマイチ今の状況ではわからなくて。 ただただ不安な展開です。

あと、今回47Pですが、烏丸と高羽のエロがけっこうなページ数で描かれていました。

この2人好きな方は必見ですね☆ ワタクシ・・・どうしても早く雀部と鵜藤進展させてほしい!!!って思っているのでえぇぇぇまた高羽と烏丸のエロか(;・∀・)ってなりましたけど。

応援している方がすごく切ないというか苦しい展開なので養分でした。

ただ、今回はβの作品なので、高羽と烏丸はいったん置いといて鵜藤×雀部を早く!!!っていう気持ちもあります。難しいところですが、展開が展開なだけに早く!!!って同じように思ってしまう人もいるのかな?と思います。

若干、あれ!?今β読んでると思うのだけど!?と確認したくなるほど高羽×烏丸が多い時あります。

今は早く拗れちゃった系Ωを救ってほしいです。 

白取と烏丸がキーマンにはなるとは思うのだけれど、ほんと早く鵜藤・・・・動いてくれ!って思いました。

好きな展開ではないけど、先が気になって仕方がないです。

また鵜藤が頑張り出したら浮上してくるとは思うのですが個人的には展開が展開だったので満足度は★4でした。

これからもっともっと盛り上がってくるといいなぁと思います。

電子書籍

コミックス版が配信されました!

狂い鳴くのは僕の番:β2

狂い鳴くのは僕の番 ;β2 愛は罪と遠ざけるβ×恋を屠ったΩ――俊傑・楔ケリが描く凄艶のオメガバース待望の続刊!

狂い鳴くのは僕の番 ;β(8) ネタバレあり感想

今回の展開もほんとモヤモヤでした。

前の7巻から随分と待って・・・やっと配信された~と思ったらまた落とされて。悲しい。

あの雀部の首に後ろにできてた歯形がフェイクじゃなかったらもう辛すぎてナニコレ状態です。

先生の作品は甘々ハピエンだから、そうなっていくと思うけど・・・今作はけっこう迷走されてる印象があります。

α×Ωの前作はこの組み合わせだからすごく惹かれてくっつくことできたけど、影でずっと支えてた鵜藤に同情してしまって。だから今作はぜひ!!!って思ってたのに今作でもまた傷つくの?

雀部の行動にもちょっとモヤっっとするのよ。 鵜藤の期待に応えたい、認めてもらいたいという気持ちがあるのに・・・鵜藤の嫌うような事をしてもいいのだろうか・・・と。

すごい切ないけど、なにかが間違ってると思う。

鵜藤だって、相談されればそれなりに頑張って守ってくれそうなのに、、、 なんだかなぁ~~~~~~~~~ですね。

あれほど烏丸の事を嫌ってたのに、同じ道に進んでるのは・・・ほんとガッカリ展開です。

それが望んでこうなったわけじゃないとしてもです・・・。

切ない作品が好きな人にはとてもハマるとは思う。

私はβとΩとかαとβとか・・フェロモンで惹かれあうとかじゃないもっと別の何かで惹かれあうこの組み合わせが大好きだからもっともっとこんな痛い目をみない展開にしていって欲しかった・・・・。

痛い目をみないというよりも、こんな風に誰かと番になってしまうとかそういうのではなくてもっと別の道を探ってほしかった(T^T)

なんとなく無理に引き延ばしてる気がしますしね。ず~~~~~~~っと同じようなところで立ち止まっている感じ。

バラ配信を楽しみにして夜に読んだのですが、もうう雀部がじゃなくって鵜藤がかわいそすぎて・・・・ 雀部のあの歯形は白取さんじゃないと信じてるし、フェイクだと思ってるけど・・・本当にモヤモヤです。

ずっと読んできて、鵜藤が幸せになる姿を見届けたいって思ってるのに・・・2巻分まで進んでまだここ?1巻から何が進んだのかな?

雀部が気持ちを自覚したところ?

お話としてはβにスポットライトがあたっててすごく面白いし興味もあるのですが・・・もう少しテンポよくして欲しい。

白取さんは・・・憎めない人だから余計にあの歯形が白取さんだったらぎゃ~~~~~ってなる。。。

個人的にはβの方が私は最初は好きだったのですが・・・あまあまの前作の方が読んでて幸せな気持ちになるなぁ・・・って最近思いはじめました。

この作品も早くそうなって欲しい。鵜藤が好きだからこれからも読みますけども!!!

鵜藤が傷つくのはほんとツライです。 62Pとあって何かが動いているかなってすごく期待しながらよんだから余計に・・・余計に突き落とされた感じになりました(T^T)

だから・・・私の満足度としたら今回は★2です。

次回は少しでもイイ展開いなってくれたらいいなぁと切に願います。

もし番が出来ちゃってたらこの先どうしたらいいの!?

コミックス版が配信されました!

狂い鳴くのは僕の番:β2

狂い鳴くのは僕の番 ;β2 愛は罪と遠ざけるβ×恋を屠ったΩ――俊傑・楔ケリが描く凄艶のオメガバース待望の続刊!

狂い鳴くのは僕の番 ;β(9) ネタバレあり感想

この展開知ってたらもしかしたら読まなかったかも。

今回ドキドキしながら300ポイントで読んで・・・スマホ放り投げたくなりました。

雀部・・・それ一番やっちゃいけないよ。 自分が楽になりたいからって白取さん巻き込んで誰も幸せにならないじゃない。

雀部の気持ちは鵜藤にあるし、鵜藤が雀部好きだってもう番ができてしまってる。

白取さんはαだから一方的に番解消はできるけど、彼はそういうことはしないと思うし。なんなんだ~この展開。

どうやったらハピエンになるんだ!?とショックすぎてワタクシ・・・眠たかったのに目がさえた( ̄。 ̄;)

夜中に読んじゃダメなやつでした。

無理やり切ない展開に持ってきたのかもしれないけど、読みたかったのってそれじゃない。

βの鵜藤が幸せになるような、、、そんな相手との出会いが読みたいのに。

また彼は悲しんでる。

どうこれから展開させていくんだろう。逆に興味はありますね。こういうところがお上手なのですよね!!!

しかし。。。番が出来てしまったΩは番以外の人とはかなりの拒絶反応が出てくるし、フェロモンだって番以外の人には発しないわけで。

これを「楽になりたかった」っていうのだけで・・・良かったのかな。

しかもそれは鵜藤にこれ以上失望されるくらいなら・・・って気持ちがあるんですよ。

プライドも高くてツンなのが好きだったのに。

でもそれを変えてしまったのはあのクズ部長なんですよねおそらく。

彼が全部悪い。

こんな展開にして・・・ほんとムカつきます。(部長に)

ヘタレな私にはこの展開はかなりきついですね。

鵜藤の決心も遅いし・・・やっぱりαを探してβを見下しながら・・・それでも強さのあった烏丸の方が魅力的に映りました。

ちょっとこの展開は・・・かわいそうって思うよりも雀部が苦手になる( ノД`)

切ない展開がお好きな人にはもしかしたらぴったりと合うのかもしれないけど、これは好みの問題になってきたかも。

あれはフェイクだと昨日まで信じてた私・・ばいばいですよ(´;ω;`)

ずっと高羽×烏丸のイチャイチャよりはこっち!って思ってたのに・・今は無性に高羽×烏丸のイチャコラが読みたい。

生い立ちがあるからって。。。分かるけども!

わかるけどもこの展開はないよぉぉぉぉ(T^T)とかなりガッカリ評価をしてしまってすみません。

作品としては、次どうなるんだろう!?ってやっぱり気になるし、構成も面白いです。

が・・・この展開になるとどうしても【ロマンティック上等】の番を持ったΩを想うβを思い出してしまって。。。(拒絶反応も・・)

番を解消されたΩは。。。もう誰とも番うことができないとあるので、このへんはβは関係ないのかもしれないけど・・・解消されればかなりのダメージをくらうからそれがどう影響するかですよね。

救いはラストの鵜藤なのですが。。。。(´;ω;`)

白取さんも悪い人じゃないから余計に悲しい。

これ、例えば鵜藤×雀部で幸せになったとして。。。白取さんは?ってなりますヨ。(ここでαだから大丈夫って言ってしまえばそれで終わりですけど・・・)

かなりもやもやの残った9話でした。

これからの展開でこのモヤモヤが晴れていけばいいなって思います。

面白いのですけどね・・・今回は展開が少し気に入りませんでした。次は読むかかなり悩みます。。。(と言いながら読みますけどね・・・)

今回も納得いかなかったので・・・

切ないの大好きな人向けです。。。。

狂い鳴くのは僕の番 ;β(9)後編 ネタバレあり感想

9話目の後編が配信されました。動きは。。。特に何もありません。

ただただ切ない。

鵜藤が笑うだけで切なくなってしまいますね。そして・・・白取さんが嫌なやつならどれほど良いか。

それにしても雀部ってばさらっと傷つく事言ってたりしますよね白取さんに(^_^;)

「運命って信じてますか?」のくだりで白取さんは「運命だったって思える瞬間がきたらそれが運命なんじゃないかな」って言うの。

白取さん自身もそう言った抽象的な事は信じないと言っているけど、雀部も「僕もそういうのあんまりしっくりこなくて」って。

それって・・・白取さんに対して特別な何かを感じてたわけではないという事をさらっと言ってたりしますよね・・・・。

しかし・・・ほんとに出来る事なら白取さんがほんとヒール役だったらもっともっとすんなり読めたかもしれないなと思うのですよね。

白取さんが歩み寄ろうとすればするほど、雀部はなんて事したんだ・・・・って純粋に雀部と鵜藤さん応援できなくなってしまう。

結局、雀部の自己中な考えによって二人の男性が傷つくわけなのですよね。あまりそういうのは雀部は考えていないと思うのですが、何よりも白取さんに失礼すぎるなぁって思ってしまいます。

白取さんもどこかしら寂しさを抱えていているみたいですし。それなのに番になった相手はどこよそよそしくて。

これを読んだら白取さんもちゃんと幸せになって欲しいなって思ったりします。

もちろん、応援するのは鵜藤×雀部なのですけどね。

ただね、ここ数話は私の好きな雀部じゃない。

雀部を狂わせたのはあの部長ですよね。

どうにかしてあの部長・・・痛い目みせることはできないかしら(T^T)

今回の9話後編を読んだら、この2人のキーパーソンは烏丸なのかなと。何かを考えている感じでしたよね。

どううまくまとめてくるのかすごく気になりますけど、それにしてもこれって誰かは必ず傷つくパターンだなぁと。

ロマンティック上等はαがクズだからほんとその後にβ×Ωが夫婦になっても何も問題ないというか・・・良かったぁ~ってなったのだけれど・・・

これで鵜藤×雀部になっても私は白取さんに感情移入しちゃってもやっとしてるかもしれない。

白取さんの事だから雀部の事を考えて背中は押してくれると思うけど(T^T)次話はどんな展開になるのかな。。。

なんとかもやっとが少なくなるように展開していって欲しいなと思います。

今回はでした。

先生~読み終わったあとにはぁハピエンでよかったね(T^T)ってなるような展開にしてください。゚(゚´Д`゚)゚。

感想まとめ

2巻は切なかった。けっこう個人的には読み返しにくい展開です(T^T)

3巻でいい展開になっていきますように。

電子書籍

コミックス版が配信されました!

狂い鳴くのは僕の番:β2

狂い鳴くのは僕の番 ;β2 愛は罪と遠ざけるβ×恋を屠ったΩ――俊傑・楔ケリが描く凄艶のオメガバース待望の続刊!

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

キャンペーン・無料で読めるBLコミックス情報

BL雑誌のすすめ。(雑誌最新話/ネタバレ感想)











バラ→コミックス版のオススメ!

【囀る鳥は羽ばたかない6巻】ヨネダコウ

囀る鳥は羽ばたかない6
大切だから、離れない。大切だから、手離す。 平田との抗争が切迫する中、百目鬼を捨て、ひとりでけりをつけようとする矢代だったが…… もの凄い展開を見せた6巻。今回はまずは区切りの巻になるのではないかなと思います。7巻からはまた状況が変わってくるかと。 これでハピエンでなかったらちょっとツライなぁ・・・と思う今日この頃。
未読な方は【【無料】漂えど沈まず、されど鳴きもせず】、【無料】囀る鳥は羽ばたかない 第1話】がありますのでぜひ読んで見てください。 そして【囀る鳥は羽ばたかない1巻】が5/30まで半額で読めます。

【僕のおまわりさん2】にやま

僕のおまわりさん2
10年愛の、その先。「これからも、ずっと俺といて」 二人の愛がすごく育っているので読みながらキュンキュンしてしまいました。幸せ止まらぬ蜜月同棲編です! コミックスはバラ配信の全5話に加え、単行本収録描き下ろし8P/電子限定描き下ろし(おまけ漫画1P)【全200ページ】。

【レムナントー獣人オメガバースー】羽純ハナ

レムナント
「お前との契約はもう終わりだ――」気持ちがすれ違い、深い溝が出来たまま過ごすジュダとダート。 そんな時、嫌々ながら参加したパーティーでダートは幼い時を一緒に過ごし、 教会の闇取引で売られていってしまった友人のフリオを見つける。 どんどん面白くなっていく・・・ツンデレ二人なのでもどかしいのですが、反発しながらも気持ちが向かい合っていく姿がたまらない。3巻はバラ配信の14話まで。 3巻以降のストーリーはこちら。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースの食わず嫌いがなくなり、今は気に入って読んでいます。

-楔ケリ
-, , , , , ,

Copyright© BLメモリー BL漫画感想ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.