バラ・単話BL感想

【サハラの隻眼狼】五月女えむ-BL漫画感想『サハラの黒鷲』スピンオフ【バラ】

Web雑誌「BOY’Sピアス」で連載中の五月女えむさんのBL漫画作品【サハラの隻眼狼】の感想です。

こちらは【サハラの黒鷲】のスピンオフで、イングルがメイン。気になってた人物なので思わず手を出してしまいました。

気になる組み合わせですが、イングル×彼に想いを寄せる水売りのビャクです。激ニブ×ツンデレだそうで。。。くっつくまで色々ありそう~。

【サハラの隻眼狼】はまだ連載中の作品です。作品が配信されるごとに感想を追記していきます。

最新話は 2話

 

【サハラの隻眼狼】作品紹介

内容紹介

とあるオアシスのはずれで奴隷商人をしていた黒鷲は、その生まれもあり様々な災難に見舞われますが、異国からきた調教師のアルキルや仲間と共に困難を乗り越えます。
今回はその黒鷲の元で傭兵をつとめる、イングルという寡黙な隻眼の男が、彼を想う水売りのビャクを巻き込みながら、胸に秘める熱情を明らかにする物語です。

注意ポイント

感想は以下より。ネタバレ含みます

 

【サハラの隻眼狼】あらすじ・ネタバレ感想

1話のあらすじ&感想

  • イングルを一途に想い続ける超ツンデレのビャク
  • イングルはビャクの気持ちには全くと言っていいほど気づいていない
  • イングルの左目はビャクにつぶされた!?
  • 傷つけあった者同士なのにビャクはどうしてもイングルへの想いを捨てられなくて・・・・

感想

超ツンデレさんのビャクが切ない~。切ないけど、すごく面白くてこれからの展開にわくわくしてます。

イングルは、黒鷲とトール以外いまのところは眼中になさそう。周りがビャクの気持ちに気づいているというのに、本人は気づかないというニブちんさんです。

だからこそ、余計にビャクがつっかかっていっちゃうのかな!?なんて思いました。

基本的にいつもツンツンのビャクだけれど、わりと繊細なところも持ち合わせているのでそこがまた魅力的。

イングルとは過去に関係を持った事があるようなので、そういうところも今後描かれていくのかしら!?

あとは、お互いに戦った者同士。

イングルの目はビャクがつぶし、ビャクの脇腹にはイングルが負わせた傷の痕があります。

戦った者同士なのに、どうしてビャクはイングルの事好きになったのでしょうね。致命傷を負わせたとイングルが言ってたので、すごい傷だったでしょうし。

好きになった時のエピもまた楽しみだなと思います。

1話ラストでは、お詫びということで・・・またもイングルがビャクの願いで絡むのかな!?というところで終わっています。

ツンデレさんだから【キスしてほしい】と素直に言えないビャクがこれまたかわいい💛

激ニブさん×超ツンデレさんがどんな感じで距離を縮めていくのかすごく楽しみ!と思った1話でした。

ボリュームもあって面白くて、これが100Ptで読めるのはかなりの推しポイント☆

1話はコチラ

2話のあらすじ&感想

  • いつも無表情で感情が顔に出にくいイングルの苦悩と家族愛
  • 絡んだ余韻もなく接してくるイングルにビャクは少しいら立って・・・
  • 水売りの長が呪いによって負傷。その仕返しにビャクも参加することになる。
  • ビャクと共に行きたいというイングル。お礼は自分の身体でとビャクに言って・・・・!?

感想

2話は1話より短かったですが、面白かった~!!!

これから一緒に旅する事で二人の距離がぐぐっと近くなるのかもしれませんね。

それにしても・・・今回も呪い師が登場するということでしょうか・・・ハラハラしそう。誰も傷つきませんように。

冒頭からロキ(黒鷲)とイングル・トールの過去が出てきて、ロキがすごくかわいくてキュン。

表情の出にくいイングルは、家族からも見放されてロキやトールが家族なのですよね。

だからこそ、余計にこの二人への愛情が深いというのがわかります。

ビャクはそういうのがあまりわかっていないから、二人に嫉妬してしまうわけですが・・・。

ビャクにはイングルの理解者になっていってほしいな~ってすごく思います。あれだけ大好きが駄々洩れなのに・・・気づかないものなのですね(笑)

水売りの長が呪いによって負傷したため、これから仕返しのために周辺を探りに行くビャク。

イングルもまた、ロキの父親の命を奪った呪い師かもしれないとビャクと一緒に行くことになります。

無表情のイングルですが、目には闘志がメラメラ。この目を見てビャクはゾクゾクしていて・・・これはロキもトールも知らない自分だけが知ってるイングルだと思うのですよね。

意外に共闘することで絆が深まっていく二人なのでしょうか・・・!?

次からは二人旅になると思うのですが、そこでどんな風に関係が変わっていくのかすごく楽しみです。

2話はちょっと短めで200Ptでした。

2話はコチラ

電子書籍

 

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

7月のオススメBL作品 ベスト3

【1位】マーキングオメガ/藤河るり

オメガバース/GUSHコミックス

雑誌連載中からとにかく大好きで読んでいた作品。オメガバースにもう一つ独自の設定を盛り込んで展開していきます。ストーリー-は王道で読みやすく、初心者さんも楽しめる1冊。

とにかくるり先生の絵がとても美しく艶っぽい。オメガバースにぴったり!!!!

【2位】なかないひばり/ミナヅキアキラ

切ない一途愛/HertZ&CRAFT
作家買いです。イァハーツで連載時も夢中で読んでいました。兄を事故で亡くしたひばり。兄の友人である清澄と一緒に住んでいるのですが、ひばりは以前から清澄を想っていて・・・切ない両方想いに胸がギュっとなる作品。

【3位】白藍のケモノ/かざみ幸

ファンタジーBL×ピュア/GUSHコミックス

こちらも雑誌連載時から大好きで読んでいた作品。シアがとってもかわいくて、そしてライエンとちょっとずつ近づいていく姿にキュン。ライエンとシアのBLはとってもピュア。もっともっと続きが読みたくなります。

  • この記事を書いた人

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースもお気に入り。

-バラ・単話BL感想
-, , , , , , ,

© 2020 BLメモリー BL漫画感想ブログ Powered by AFFINGER5