南月ゆう

南月ゆう『サヨナラゲーム』BL漫画感想。本当の恋を知ったとき。

2016年10月7日

先輩後輩、元高校球児の恋。とっても素敵できゅんときた作品。


これはもう雑誌連載時から紙書籍で購入しようと決めていました!とてもとてもドストライク作品です。描き下しも20Pと大満足!南月ゆうさんの美しい作画がよりいっそうこのストーリーを引き立てているなぁと思いました。

サヨナラゲーム/コミックス情報&評価


サヨナラゲーム/南月ゆう/新書館 (2016/9/30)

 

評価項目評価・★
絵柄★★★★★
ストーリー★★★★☆
エロ★★☆✩✩
独自性★★★★✩


5 満足度


好きです!!!!

作品内容


高校時代の野球部後輩・要祐(ようすけ)に妹の家庭教師を頼むことになった有村。無愛想で素っ気無い要祐が実は昔から自分に憧れていたと知り嬉しくなるが、憧れの奥にある本当の気持ちに気がついてしまい……!?


先輩後輩 わんこ受 高校球児

 


一途 胸きゅん 切ない 初恋 脇役GOOD! 絵柄最高

サヨナラゲームの感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。




サヨナラゲーム・Contents


  • サヨナラゲームCall0
  • 蜜月期
  • あとがき


あとがきまでは239P、全体では245Pです。(表紙含む)かなり読み応えある作品になっていると思います。

この作品の好きなところ・面白かったところ


この作品は南月ゆうさんの代表作になるのではないかな?と思うほど好きだなぁと思った作品です。5年ぶりに再会した2人、そして要佑の自分への思いに気が付いてからの気持ちの変化・・・とても分かりやすくゆっくり描かれていて引き込まれた作品です。

2人がくっつくまでは紆余曲折あったけれど、とにかくこの作品は・・・どの視点からでも胸が高鳴るのではないでしょうか。

作品を際立たせる絵柄


やはり南月ゆうさんは絵柄がとても素敵です。王道、王子様的な絵柄。とてもきれいでそれだけで読む価値あるのではないかなと思うほどです。今回は特に、要祐、有村の表情の変化もしっかり見てほしいなぁと思うんですよね。

最初は無愛想だった要祐がだんだんかわいらしくほほを染め、有村に気持ちをぶつけていく姿には思わずきゅん・・・・💛妹の奈々ちゃんが要祐を好きになるのもわかるほどです。そして有村は・・・・。

有村はわりと恋愛慣れしているようで実は本気で人を好きになったことのない人物です。要祐に気持ちをぶつけられ、それによって徐々に要祐のことを考えるようになり好きになっていくのですよね。

すると・・・・今までは感じたことのなかった感情に振り回され、自分でもわからなくなるんです。そのギャップがまた面白かったなぁと思いました。モテるから1人の人を好きになって恋い焦がれる経験を今までしたことがなかったのでしょうね。。。

絵柄での見どころはいくつかあるんです。。。

基本ドアップのカットなどはどれも見もの。とっても美しいカットです・・・・。。。要祐の顔が特に好きですね💛
そして一番注目してほしいのは、後半。要祐が改めて有村に好きだと告白する場面。

ここは両開きで一枚画になっていますがとても印象に残るカットになっています。この場面はぜひしっかり見てもらいたいなぁと・・・・。

ストーリーは王道


今回のストーリーは先輩・後輩BLになっています。王道路線のストーリーでとても読みやすい展開だったのではないでしょうか。

有村が要祐の気持ちに気が付いてから、その要祐のしぐさや行動がかわいらしく思えて気持ちに答えようとします。ですが、有村は今まで本気で好きになったことがないので「恋人ごっこ」のようなそんな扱いをしてしまうんですね。

はたから見れば大切にしているように思えるのですが、要祐は自分が好きだといったからそれに対して好意で返そうとしてくれているだけだと思ってしまいます。そして別れ。

要祐から思いがけない「別れ」を切り出されてから有村が変わっていきます。

何度連絡しても返事はこない、会いたくても会えない。要祐から「憧れだった」と言われそれ以上引き留めるすべがわからないとどうしようもない気持ちになる有村。有村がけっきょく「つきあう」という型にはめて接していただけだったのですよね。自分の気持ちをきちんと伝えずにそう接してしまったから離れていったのかなと思いました。

それを松くんに指摘されてやっと気づくなんて。。。(;´・ω・)

本気の気持ちに心揺さぶられる


そして有村がきちんと動くきっかけのひとつにやっぱり妹の奈々ちゃんがいますよね!奈々ちゃんは要祐が好きだったんです。それでも要祐が有村のことを好きだとわかると、最後には応援に回ります。

だけど・・・・兄の有村がうだうだと自分に嫉妬してヘタレてしまっている姿をみてガツンと喝を入れるんですね(o^―^o)。この時の奈々ちゃんにぐっと来ちゃいました。奈々ちゃんも失恋で痛手をおっているのに、きっちり言いたいことを言ってちゃんと背中を押して上げれる・・・・いい子だなぁと思いました。

有村のような今まで本気で人を好きになったことのない人は、こういう本気の叫びで目覚めるのだなぁと・・・・。

要祐のギャップがこれまた良い


エロの時の要祐の表情・・・・最高です!本当にかわいいしきれいだしかっこいいし・・・・。高揚した顔などは本当にみもの。きゅんどころではありません(n*´ω`*n)

これで有村がやられたのも納得の表情ですのでぜひ注目して読んでもらいたいです。


有村の初恋はとんでもなくめんどくさい


やっぱりモテ男の初恋・・・・その醍醐味は初恋で恋に目覚めるととんでもなくめんどくさい男になってしまうというところにあるのではないでしょうか❓←ワタクシだけかしら???

描きおろしはもうね・・・うふふ・・・💛となりながら有村のめんどくさい感じを読みました(笑)ほんと・・・・有村がかわいいなぁと思う描きおろしになっていると思います。

「なんてこった 女どころか男ですら安心できないのか」

と叫んでる有村大好きです。描きおろしでは有村の気持ちがすっごく大きくなっててかなり萌え展開ですので読み終わった時もすっごくきゅん・・・・で終われますヨ。

この2人本当に大好きです。雑誌連載時から言ってましたが・・・要祐にしばらくワタクシも恋してました(〃´∪`〃)ゞエヘヘ。
南月ゆうさんのボーイズたちにはほんと恋しちゃうなぁと思うほどキュン要素多いです。

サヨナラゲーム/感想・まとめ


ストーリーは感想に書いたように王道路線。いやな子も出てこないし、2人だけのストーリーになっていますので読みやすいです。しかも200P超えということもあり読み応えもある作品です。

初心者の人にも読みやすく、面白いなぁと思ってもらえる作品だと思っているのでイチオシ作品ですね。
連載時からも面白いなぁと思っていましたが、1冊で通して読むとまた改めて・・・素敵!だと思いました。

徐々に変化していく2人がとてもきゅんあり、せつなさあり、うふふ・・・ありですので気になった人はぜひ読んでみてください。

内容的には深くはないですが、とってもきれいなストーリーですのでお勧めです♪



その他おすすめ作品





ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

キャンペーン・無料で読めるBLコミックス情報

BL雑誌のすすめ。(雑誌最新話/ネタバレ感想)











バラ→コミックス版のオススメ!

【囀る鳥は羽ばたかない6巻】ヨネダコウ

囀る鳥は羽ばたかない6
大切だから、離れない。大切だから、手離す。 平田との抗争が切迫する中、百目鬼を捨て、ひとりでけりをつけようとする矢代だったが…… もの凄い展開を見せた6巻。今回はまずは区切りの巻になるのではないかなと思います。7巻からはまた状況が変わってくるかと。 これでハピエンでなかったらちょっとツライなぁ・・・と思う今日この頃。
未読な方は【【無料】漂えど沈まず、されど鳴きもせず】、【無料】囀る鳥は羽ばたかない 第1話】がありますのでぜひ読んで見てください。 そして【囀る鳥は羽ばたかない1巻】が5/30まで半額で読めます。

【僕のおまわりさん2】にやま

僕のおまわりさん2
10年愛の、その先。「これからも、ずっと俺といて」 二人の愛がすごく育っているので読みながらキュンキュンしてしまいました。幸せ止まらぬ蜜月同棲編です! コミックスはバラ配信の全5話に加え、単行本収録描き下ろし8P/電子限定描き下ろし(おまけ漫画1P)【全200ページ】。

【レムナントー獣人オメガバースー】羽純ハナ

レムナント
「お前との契約はもう終わりだ――」気持ちがすれ違い、深い溝が出来たまま過ごすジュダとダート。 そんな時、嫌々ながら参加したパーティーでダートは幼い時を一緒に過ごし、 教会の闇取引で売られていってしまった友人のフリオを見つける。 どんどん面白くなっていく・・・ツンデレ二人なのでもどかしいのですが、反発しながらも気持ちが向かい合っていく姿がたまらない。3巻はバラ配信の14話まで。 3巻以降のストーリーはこちら。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースの食わず嫌いがなくなり、今は気に入って読んでいます。

-南月ゆう
-, , , , , ,

Copyright© BLメモリー BL漫画感想ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.