コミックスの感想

『星だけが知ってる』古矢渚/BL漫画感想ービタースイートな恋

古矢渚さんの新刊を読んでみました。今回は紙で取り寄せ。本日電子配信も開始されましたね。今回、星というか宙がけっこう関わってきます。

個人的にはとてもキュン要素多かったのではないかな~と思います。面白かったです。今まで古矢渚さんは『群青のすべて』『ナンバーコール』を読んだことがありますが、今回の作品が一番好きかも!

もう少しだけ・・・その先が知りたいなぁ~なんて思ったりもしました。。。ちょっと過去の2作品より、大学生とカフェ店長だから年齢上でそこが個人的にはツボだったのかもしれません。

今まで古矢渚さんの作品は高校生設定しか読んだことがなかったので(#^.^#)

コミックス情報&評価

評価項目評価・★
絵柄★★★★★
ストーリー★★★★☆
エロ☆☆☆☆☆
独自性★★★★☆

4.5 満足度

内容紹介

バイト先と彼女を一度に失った最悪の日、大学生のそらは公園で流星群を眺める男と出会う。促され身の上話をするうち泣いてしまうそらに男はキス。思わず逃げ出したが、翌日入ったカフェの店長は見覚えのある公園の男。冗談とも本気ともつかない店長のアプローチに戸惑いながらも惹かれるそらは?

星だけが知ってるの感想は以下より。ネタバレ含みます。

星だけが知ってる/Contents

  • 星だけが知ってる 1話~6話
  • 夜が明けたら(描き下ろし)
  • あとがき

※表題作のみ 

紙ではあとがきがP238目。電子では【全244ページ】。紙書籍のカバー下は何もナシ。

星だけが知ってるのみどころ オススメポイント

帯に『忘れたふりしてなかったことにしないでよ』と書いてありますが・・・こんな感じではあまりなかったかな・・・???

バイト先もなくなり、恋人にもふられ・・・落ち込んで歩いていたらある場所にたどり着いた主人公。

そこには人がいて・・・。一緒に星を見ながら落ち込んでいた事を見ず知らずの人に話していたのですが、その人から急にキスをされてしまいます。

そこから2人の物語がスタート。

もう会うことはないかと思っていたのですが偶然入ったカフェでまたばったり会ってしまいます。

この作品のみどころは、夜空というか宙で繋がる2人。そして、何もかも無くしたと思っていた主人公が徐々に衝撃的なキスをしてきた子に惹かれていく過程がなんていうかもどかしくもあり、そこが面白く感じました。

あの日会わなければ・・・接点などなかった2人が偶然でもなんでも惹かれ合ってくっついていく姿がとても良かったと思います。エロは一切ないので初心者さんでも安心して読めますヨ。

個人的にはその先を・・・望んでましたが(笑) バイ×ノンケ(???)のお話なのだと思います。そして今回のこの作品の絵柄とっても好きです。青春もののストーリーも好きだけれど、社会人×大学生もすごくイイ!!と思いました。

登場人物を把握

遠野健吾(右)
カフェの店長。初めて会った宙にいきなりキスをしてしまう。ちょっと謎がありそうな感じ。

悠木 宙(左)
大学生。落ち込んでふらふら歩いて迷い込んだ先で健吾と出会う。最初は警戒していたのにいつしかカフェに通うようになって・・・。

詩織
健吾のカフェの店員。健吾とつきあっていると噂があって・・・・。

※エロなし作品なのでどちらが攻・受かわかりませんがおそらく・・・健吾攻・そら受だと個人的には思ってます。。。(#^.^#)

みどころ1:絵柄がとてもイイ!

今回は。。。今までのコミックスは高校生だったのですが今回はちょこっと大人な絵柄です。そらは、特に好み~っていうわけではないのですがとにかく健吾がすっごく好き!

古矢渚さんでちょっと大人なBL読んでみたくなりました。

今回は受のそらも今までの絵柄のようなキリっとした感じではなく、ちょっとかわいらしくなりましたね。ナンバーコールよりもかわいらしい男の子(受)になって、イケメン攻になった印象がすごくあります。

みどころ2:宙で繋がる2人

タイトルが「星だけが知ってる」なのですが、宙で繋がった2人なんですよね。

出会ったのも流星群が見れる日。それを見るために穴場スポットに来ていた健吾とアクシデント的に出会ったそら。

そらは星とかは詳しくないのですが、名前が「宙(そら)」なのですよね。

そして・・・健吾は作品を読んでいたらわかるのですが宇宙飛行士を目指していたんです。あることがあってその夢をあきらめなくてはいけなくなったのですが、宙にはすごく思い入れがあるのがわかります。

気持ちがさらに近づいた終盤のシーンも星を見ながらというのもなんともロマンティックですごく好きです。

描き下ろしもきちんと夜でしたしね。テーマ的にもわかりやすくて読みやすかったと思います(#^.^#)

みどころ3:エロなしがキュン度をUPする

いやぁそりゃね・・・エロはあった方が嬉しいですが、今回はエロなくてイイと思います。この作品に無理にエロいれたら逆にえっ。。。展開早すぎない?って興ざめしてしまうと思います。

本編で2回、描き下ろしに1回しかチューが無いのですが、、、描き下ろしのチューが一番キュンときました!!!

ポッケに手を突っ込んでのチューってなんか・・・・・・かっこいい・・・(〃・ω・〃)ってドキドキ♥そのあとの見つめ合う2人の横顔とかきゅんきゅんです。

チューしかしてないけど・・・逆にピュアな感じが味わえて楽しく読めました♪

星だけが知ってるの感想まとめ

途中、宙が健吾の目のことについて気づくシーンというか・・・そういうのがあるのですが健吾自身がそんなそぶりを見せてはなかったので若干無理矢理感というかそういうのはありました。

「あ~そういうことね~」って思えなくて、「えっなんでそれだけでわかったの?」って思ってしまったのでそこが引っかかったところですね。

でもストーリー的にはとても面白くて、健吾が宙の事を好きになった瞬間も個人的には納得しました(*^_^*)そして・・・自分が今まで誰にも話したことがない自身の気持ちを宙には話せたというのがね・・・こういうの大好き~!!!と。

ただ、あとがきの健吾の事についてなのですが「気に入った相手は男女構わず」ってのはいらなかったなぁ~~~~^(笑)

この作品は古矢渚さんの3冊目のコミックスのようですが、一番好みです♥

初心者さんでも読めるし、ストーリーがある作品が読みたい!という人もきっときゅんきゅんしながら読めるはず!

終盤までほんとうにくっつかなくてもどかしいんですけどね・・・それがたまりません。
ページ早くめくりたぃぃぃぃぃ~っていう衝動に駆られました(笑)←いつくっつくか・・・早く知って安心したい(^_^;)

エロはないのでエロ重視派さんには向かないのが残念(T^T)

でも健吾がとてもカッコイイのでぜひお手にとって読んでみて欲しいと思います。

電子書籍

コミックス

古矢渚 その他作品

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

7月のオススメBL作品 ベスト3

【1位】マーキングオメガ/藤河るり

オメガバース/GUSHコミックス

雑誌連載中からとにかく大好きで読んでいた作品。オメガバースにもう一つ独自の設定を盛り込んで展開していきます。ストーリー-は王道で読みやすく、初心者さんも楽しめる1冊。

とにかくるり先生の絵がとても美しく艶っぽい。オメガバースにぴったり!!!!

【2位】なかないひばり/ミナヅキアキラ

切ない一途愛/HertZ&CRAFT
作家買いです。イァハーツで連載時も夢中で読んでいました。兄を事故で亡くしたひばり。兄の友人である清澄と一緒に住んでいるのですが、ひばりは以前から清澄を想っていて・・・切ない両方想いに胸がギュっとなる作品。

【3位】白藍のケモノ/かざみ幸

ファンタジーBL×ピュア/GUSHコミックス

こちらも雑誌連載時から大好きで読んでいた作品。シアがとってもかわいくて、そしてライエンとちょっとずつ近づいていく姿にキュン。ライエンとシアのBLはとってもピュア。もっともっと続きが読みたくなります。

  • この記事を書いた人

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースもお気に入り。

-コミックスの感想
-, , , , ,

© 2020 BLメモリー BL漫画感想ブログ Powered by AFFINGER5