おすすめBL漫画の感想を書いています。BLコミックスのネタバレがあるのでネタバレ不要な方はご注意ください。

BLメモリー BL漫画感想ブログ

カテゴリー

文川じみ

【君ってやつはこんなにも】文川じみ/BL漫画感想【ネタバレ注意】

投稿日:

文川じみさんのバラ・単話配信されている【君ってやつはこんなにも】を読みました。

こちらはまだ連載中の作品です。配信されるごとに感想を追記していきます。現在は4話が最新話。

今ちょうど文川じみさんの最新刊【不機嫌な君と気まぐれなキス】が配信されていてその流れで読んでいなかった既刊作品などを読みあさりました。

基本的にどれも面白い!

今まで作者様の作品でスキだなぁと思ってよく読み返していたのは【好きになったらダメですか?】と【かわいいおバカくん】。気になった方は是非読んでみてください♪

どの作品もわりと攻め受けがハッキリしているので読みやすいと思います!

君ってやつはこんなにも 作品紹介

ジャンル/テイスト 高校生/ジワジワ接近
ストーリー
胸キュン
切なさ
エロ
オススメ

あらすじ・内容紹介

こんなおはなし

「飯田はまだ出会ってないだけだと思う…自分の性癖に!!」学校一イケメンでモテ男な飯田(いいだ)は誰の告白も受け入れない。ゲイだからでは…!?と密に噂になっていた。その真相を確かめるため、友人とのじゃんけんに負けた紺(こん)は仕方なく彼を呼び出し告白するが… 「男は…」と断られたあげくゲイだと勘違いされ!? 変な視線を向けられる日々…。学校の帰り道、誤解を解くため家へと飯田を連れ込むと…おもむろに肩を掴まれ…!? 訳あり?学校一イケメン×夢見る童貞オナニー戦士 ※本商品の内容は雑誌「B.Pilz(ビーピルツ) vol.11」を単話化したものです。重複購入にご注意下さい。

注意ポイント

感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。

【君ってやつはこんなにも】 1話ネタバレ感想

ココがポイント

  • 二人はお互いに恋愛感情がないところからスタート
  • きっかけは罰ゲーム
  • 攻はモテモテくん。
ここから下はスノウの感想

今回は学校一イケメンでモテ男な飯田(いいだ)が告白されても彼女を一切つくらない事で【ゲイ】疑惑が起こり、罰ゲームとして紺(こん)が飯田に告白をする。。。というところから二人の関係がスタートしていきます。

当然告白したところで断られるわけですが・・・それを今度は飯田が紺をそういう(ゲイ)という目で見てしまっているのかな??という展開が続きます。

飯田にゲイ疑惑があり、それを確かめるために罰ゲームで告白した紺が反対にゲイなのだなぁという目で見られている。。。という所に軽い気持ちで人をからかった罰があたったのだと・・・正直思いました(^_^;)

でも飯田も悪い子ではないのが救い。

紺はきちんと彼に罰ゲームだったことと、自分はゲイでもなく女の子が好きなのだと伝える事ができます。

そしてなぜか・・・ひょんな事から一緒にAVを観ることになってしまうという(紺の方から誘った感じですね!)ちょっと紺も単純なところがあるので、それが今後どう影響を与えて変化していくか見物だと思います。

攻はわりと大人びた感じで受けはどこかぬけたようなピュア系。お互い恋愛感情がないところからのスタートなので今後の展開にワクワクできます♪

【君ってやつはこんなにも】 2話ネタバレ感想

ココがポイント

  • 2話目は飯田視点
  • わりとコミカルに飯田の動揺・葛藤が読める。
  • 飯田が紺を意識し始めた!?
スノウの感想

2話目は飯田視点から始まって・・・まさかの!でした。

飯田は男性が好きな子だったのですね。1話目で否定していたのでどうかな?と思っていたのですが・・・

そんな飯田が紺に告白されたときの動揺が描かれていておもしろかったです。

あの時心の中はこんな風になってたのね(≧∇≦*)って。

でも今までゲイだということをひた隠しにしてきたので、オバカそうに見える紺とつき合うのは危険だと思ったからこそのお断りだったのね(笑)

2話目を読んでから1話目を読み返すとより面白さが増しますヨ。

そんな飯田がなぜ紺につきあってAVを観るハメになったのか・・・それは紺があまりに一生懸命だったからのようです。

このときからクルクル表情のかわる紺に惹かれているのでは!?と思うような展開が続いていて読んでいるこちらもドキドキ。

飯田を通して紺を見ているからか・・・すっごく紺がかわいく思えてきます(〃'▽'〃)

だんだんと頭の中が紺でいっぱいになっていく飯田が・・・すごく面白いなと思った2話でした。

【君ってやつはこんなにも】 3話ネタバレ感想

ココがポイント

  • 紺が気になったオカズのビデオが・・・
  • 気になったビデオみたいに飯田に手伝って欲しいとお願いする紺
  • それから飯田に避けられてしまう紺は飯田の事を考えるようになり・・・
スノウの感想

今度は紺視点。

恋愛的にも動いてきたかな!と思うような展開でした。

まずは・・・・紺が飯田に見せたAVビデオ。男性が潮を吹くというものだったのですが、それを自分でやってみたところ上手くいかず。

紺は飯田に手伝って欲しいと言うの。

その通りに飯田は手伝うのですが・・・ここから二人の今までの関係が少しかわったように思います。

飯田はガマンしてきたものがあふれ出しそうになるのを自制するのに必死でしょうし・・・紺は飯田が嫌がるコトをしてしまったと落ち込んで。。。

でも!3話目の注目は紺が飯田を意識しはじめるようになったところですね☆

飯田に手伝ってもらったときの事が忘れられず・・・今までオカズにしていたビデオよりもあの時の飯田を思い出して達するくらい。

(俺・・・ホモになっちゃった)

と本人が思っているくらいに紺の中で飯田が大きくなってきているようです♪ちょっと関係的には危うい感じはするのですが。。。これからそんな二人が気持ちをはっきり自覚して恋愛していくと思うとキュンでしかないです。

【君ってやつはこんなにも】 4話ネタバレ感想

ココがポイント

  • 4話はまた飯田視点
  • 紺に対する感情が恋によるものだと自覚しはじめ・・・
  • 友達でいることが一番近くでいれる距離
スノウの感想

4巻!面白い~~!!!もうなんていうか・・・手探り感があすごくあって一緒になってシュンとなったりあがったり。

今まで誰ともつき合わなかった飯田ですけど・・・紺は特別になってきているのがわかる!

紺もまたそうなのだろうなぁと。

「友達」としてまた改めて関係をスタートした二人ですけど・・・お互いの感情的には友達の域を超えているのでもどかしさもあり甘酸っぱさもあり・・・たまらないです。

最後電車の中で手を繋いでいる二人なのですけど・・・

隣の女性がちらっとみているのが気になりますね。

SNSとかで男子高校生が手をつないでた!みたいなのを流されたりしないのかな・・・?なんてハラハラ。

二人には傷ついて欲しくないので、そういう展開ではなくて胸キュンいっぱいの5話以降になっていってほしいなと思います。

今はまだお互いに気持ちを自覚したところなので、今後の展開に期待!すごく面白いです。

5話目はいつ配信かしら・・・早く読みたいです。

電子書籍

ここに無い最新話の続き

雑誌記事は「BL雑誌のすすめ。」に移動している場合があります。続きが掲載してない場合は、「BL雑誌のすすめ。」で探してみてください★

売れ筋ランキング(Renta!)

キャンペーン・無料で読めるBLコミックス情報

バラ→コミックス版のオススメ!

【囀る鳥は羽ばたかない6巻】ヨネダコウ

囀る鳥は羽ばたかない6
大切だから、離れない。大切だから、手離す。 平田との抗争が切迫する中、百目鬼を捨て、ひとりでけりをつけようとする矢代だったが…… もの凄い展開を見せた6巻。今回はまずは区切りの巻になるのではないかなと思います。7巻からはまた状況が変わってくるかと。 これでハピエンでなかったらちょっとツライなぁ・・・と思う今日この頃。
未読な方は【【無料】漂えど沈まず、されど鳴きもせず】、【無料】囀る鳥は羽ばたかない 第1話】がありますのでぜひ読んで見てください。 そして【囀る鳥は羽ばたかない1巻】が5/30まで半額で読めます。

【僕のおまわりさん2】にやま

僕のおまわりさん2
10年愛の、その先。「これからも、ずっと俺といて」 二人の愛がすごく育っているので読みながらキュンキュンしてしまいました。幸せ止まらぬ蜜月同棲編です! コミックスはバラ配信の全5話に加え、単行本収録描き下ろし8P/電子限定描き下ろし(おまけ漫画1P)【全200ページ】。

【レムナントー獣人オメガバースー】羽純ハナ

レムナント
「お前との契約はもう終わりだ――」気持ちがすれ違い、深い溝が出来たまま過ごすジュダとダート。 そんな時、嫌々ながら参加したパーティーでダートは幼い時を一緒に過ごし、 教会の闇取引で売られていってしまった友人のフリオを見つける。 どんどん面白くなっていく・・・ツンデレ二人なのでもどかしいのですが、反発しながらも気持ちが向かい合っていく姿がたまらない。3巻はバラ配信の14話まで。 3巻以降のストーリーはこちら。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スノウ

漫画全般好きですが、BL漫画にハマり今ではほぼこのジャンルしか読んでいません。一途もの、年の差、スパダリ攻、ワンコ受、ツンデレ受大好きです。最近はオメガバースの食わず嫌いがなくなり、今は気に入って読んでいます。

-文川じみ
-, , , ,

Copyright© BLメモリー BL漫画感想ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.